PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

文字のデザイン重視して扁額製造を受注 花田文栄堂

産業2022年5月16日 09時31分
文字のデザイン重視して扁額製造を受注

看板製造の花田文栄堂(東京都文京区)は1954年創業。木彫りや金文字など伝統技術を用いた看板=写真=が高く評価されている。

同社の看板は受注生産で、木材、金属、FRP(繊維強化プラスチック)など幅広い材質を扱う。特に文字を純金箔で仕上げる木製金文字看板は高い技術が求められるもので、対応できる業者は全国で数えるほどしかない。

公害や大気汚染が問題になってきたことから、伝統的な技法を守りつつ、割れや腐敗を防ぐためのコーティングや塗料などに最先端の技術も取り入れる。

創業当時から寺院の扁額を手掛ける。当初は文京区内の寺院が中心だったが、その高い技術が評判を呼び、現在では全国各地の寺院の扁額製作を受注している。

扁額を製作するに当たって特に重視するのは文字のデザイン。代表取締役の花田保郎氏は「お寺の方は文字にこだわりを持っていることが多い。毛筆でいただいた字を彫刻で再現するときは、元の字を厳密に生かすように心掛けている」と語る。

字体や形質をそのまま再現することもでき、伝統ある扁額のデザインを大切にしたいというニーズに応える。

納期は材質や大きさによって前後するが、2週間から2カ月が目安。クライアントの予算に合わせたプランを提示することも可能だ。問い合わせは同社=電話03(3941)7995。

3年ぶりに会員ら集う総会

3年ぶりに会員ら集う総会 日本伝統建築技術保存会

6月15日

日本伝統建築技術保存会(日伝建)は5月22日、2022年度通常総会を広島県尾道市で開いた。コロナ禍で過去2年は書類総会として行われ、会員が集う総会は3年ぶり。 総会の中で…

災害・感染症に強い建物を

災害・感染症に強い建物を 大幸社寺

6月14日

社寺建築の設計・施工を手掛ける大幸社寺工務店(東京都足立区)は、アイデアを凝らした内装設計で、感染対策と内装の美しさを両立させている。 同社は15人の宮大工を抱え、社寺の…

「全国寺院霊園3Dシステム」専用アプリの操作画面

霊園を3Dシステムで管理・測量 小島石材店

6月13日

小島石材店(横浜市神奈川区)は境内の霊園を上空からドローンで測量し、解析・生成された3Dモデルを専用アプリで管理できるサービス「全国寺院霊園3Dシステム」の提供を始める。…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加