PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

武器はスタッフの質 団参復活へ 大日観光

産業2022年5月18日 10時39分
武器はスタッフの質 団参復活へ

真言宗各派本山への団体参拝を専門に手掛ける旅行代理店・大日観光(塩沢秀士社長、東京都中野区)は、添乗スタッフの質の高さを武器に各宗派から厚い支持を得ている。コロナ禍で激減した団参の復活を見据え、万全の用意で参拝客を迎える。

同社は、半世紀にわたり豊山派総本山長谷寺(奈良県桜井市)や智山派総本山智積院(京都市東山区)などへの参拝プランを展開しており、2010年代には年間で約130件の団参=写真=を受け入れてきた。

それだけに添乗スタッフには本山参拝に慣れたベテランがそろう。寺院の歴史や境内に詳しいのはもちろん、時には檀信徒の交流を取り持つなど頼りになる存在だ。

長年寺院に親しまれてきた同社だが、新型コロナウイルスの影響で主力の団参が激減し、一時は業種の変更も頭をよぎったという。しかし塩沢社長は「お客さまが戻ったときに再び迎えられなくては」と観光業の継続を決断。現在は再び寺院から旅行の申し込みを受けている。

今年の大型連休では行動制限が緩和されたこともあり、個人旅行は大幅に増加した。同社は「団体旅行への影響はすぐには出ない」としているが、豊山派が6月から「総登嶺」として長谷寺への団参を開始する予定で、客足の回復に期待がかかる。

塩沢社長は「この時期に団参を始めてくださるのは大変ありがたい」とし「コロナを心配される方も多いと思うが、感染対策を万全にしてお迎えしたい。ぜひ団体参拝への一歩を踏み出してくだされば」としている。

問い合わせは同社=電話03(3362)7621。

3年ぶりに会員ら集う総会

3年ぶりに会員ら集う総会 日本伝統建築技術保存会

6月15日

日本伝統建築技術保存会(日伝建)は5月22日、2022年度通常総会を広島県尾道市で開いた。コロナ禍で過去2年は書類総会として行われ、会員が集う総会は3年ぶり。 総会の中で…

災害・感染症に強い建物を

災害・感染症に強い建物を 大幸社寺

6月14日

社寺建築の設計・施工を手掛ける大幸社寺工務店(東京都足立区)は、アイデアを凝らした内装設計で、感染対策と内装の美しさを両立させている。 同社は15人の宮大工を抱え、社寺の…

「全国寺院霊園3Dシステム」専用アプリの操作画面

霊園を3Dシステムで管理・測量 小島石材店

6月13日

小島石材店(横浜市神奈川区)は境内の霊園を上空からドローンで測量し、解析・生成された3Dモデルを専用アプリで管理できるサービス「全国寺院霊園3Dシステム」の提供を始める。…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加