PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

照明が防犯アラームに レッズクラフト

産業2022年5月27日 12時28分
照明器具と防犯アラームを一体化させた「セキュリティアラーム」 照明器具と防犯アラームを一体化させた「セキュリティアラーム」

近年、さい銭箱をはじめ寺社の財産を狙った窃盗事件が相次いで発生している。今月1日には、盗難品とみられる仏像がオークションサイトで出品されていたことが明らかになるなど、防犯意識の一層の向上が求められる。

そこで通信システムの開発を手掛けるレッズクラフト(大阪府羽曳野市)は、照明器具と防犯アラームを一体化させた新機軸の防犯用品「セキュリティアラーム」を展開している。

仏像やさい銭箱に取り付けたセンサーが振動を感知すると、無線接続された照明が激しく点滅、内蔵のアラームが鳴り響き、犯行の抑止を期待できる。照明とセンサーは最大100㍍離れていても通信できる。

設置は簡単で、センサーに付属しているストラップを仏像などに引っ掛けて電源をつけるだけ。特別な工事が必要ないのは寺社にとってうれしい点だ。ろうそくの火をイメージしたというライトは仏像や内陣を美しく荘厳し、照明自体の人気も高い。

アラーム照明とセンサーユニット、ワイヤレスリモコンを含めた「セキュリティアラームセット」が定価4万1910円。導入台数を増やしたい場合はライトやセンサーを個別で購入できるほか、遠距離の場合に使用する無線中継器も販売している。

問い合わせは同社=電話072(953)7101。

3年ぶりに会員ら集う総会

3年ぶりに会員ら集う総会 日本伝統建築技術保存会

6月15日

日本伝統建築技術保存会(日伝建)は5月22日、2022年度通常総会を広島県尾道市で開いた。コロナ禍で過去2年は書類総会として行われ、会員が集う総会は3年ぶり。 総会の中で…

災害・感染症に強い建物を

災害・感染症に強い建物を 大幸社寺

6月14日

社寺建築の設計・施工を手掛ける大幸社寺工務店(東京都足立区)は、アイデアを凝らした内装設計で、感染対策と内装の美しさを両立させている。 同社は15人の宮大工を抱え、社寺の…

「全国寺院霊園3Dシステム」専用アプリの操作画面

霊園を3Dシステムで管理・測量 小島石材店

6月13日

小島石材店(横浜市神奈川区)は境内の霊園を上空からドローンで測量し、解析・生成された3Dモデルを専用アプリで管理できるサービス「全国寺院霊園3Dシステム」の提供を始める。…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加