PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

葬儀の方法教えてほしい 祈願寺の住職が要望

2019年2月14日 20時18分

天台寺門宗の定期宗会が10日に開かれ、2019年度の宗派歳入歳出予算案と事業計画案が原案通り承認された。同予算は教師数減少に伴う教師課金の減少などが響き、歳入、歳出とも前年度比121万円減の2532万円。

一般質問では葬儀の方法を学ぶ機会を宗派として設けてほしいとの要望が寄せられ、議論を交わした。

武田俊憲議員(岐阜県瑞浪市・清來寺住職)は自坊が檀家のいない祈願寺のため、日頃は護摩焚きなどが中心で僧侶となってからも葬儀の方法を正式に学ぶ機会がなかった。(詳細は2019年2月13日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

再建時の姿がよみがえった観音堂で営まれた落慶法要

修理の観音堂落慶、370年ぶり 総本山仁和寺5月20日

真言宗御室派総本山仁和寺(京都市右京区)で15日、6年半にわたる大修理を昨年秋に終えた重要文化財「観音堂」の落慶法要が始まった。江戸時代の再建以来約370年ぶりの落慶とな…

講中の人たちに先導されて久遠寺境内を歩く新郎新婦

仏前結婚式受け付け本格開始 身延山久遠寺5月17日

日蓮宗総本山身延山久遠寺(山梨県身延町)が仏前結婚式の受け付けを本格的に始めた。地域住民の協力で万灯行列を行い、僧侶による雅楽の生演奏など、寺院ならではの厳粛な式にする。…

神仏合同で営まれた法要

藤原不比等1300年遠忌、神仏合同で営む 興福寺5月16日

藤原不比等(659~720)の1300年遠忌が奈良市の法相宗大本山興福寺で3日、春日大社と合同で営まれた。中金堂に旧五摂家の鷹司家所蔵「淡海公御影」を奉安。同家当主の鷹司…

PR

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日

沈黙を強いられる世で 声なき声に耳を澄ます

社説5月13日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加