PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

デジタルアートで曼荼羅の世界 東寺・灌頂院

2019年4月5日 12時36分
専用アプリをスマホなどデバイスにダウンロードすると光の作品が鑑賞できる 専用アプリをスマホなどデバイスにダウンロードすると光の作品が鑑賞できる

東寺真言宗総本山教王護国寺(東寺、京都市南区)で1日から、最新のデジタル技術を駆使して曼荼羅の世界観を表現したアートイベント「テクノロジーと神秘・空海ノ光」が開かれている。普段公開していない重要文化財「灌頂院」の内部を使った異例の試み。5月25日まで。会期中は無休。

堂内ではプロジェクターで壁面に投影された両界曼荼羅図などの映像と複数のミラーボールから放たれた光線が幻想的な空間を創出。無料の専用アプリ「東寺AR」をダウンロードしたスマートフォンなどを曼荼羅図とその周辺にかざすと、クリスタルフラワーなどが画面に立体的に浮かび上がる。(詳細は2019年4月5日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

施政方針演説を行う鬼生田宗務総長

総合研究センターを機能強化 曹洞宗宗議会6月27日

曹洞宗の第133回通常宗議会が24日に招集され、総合研究センターの機構を改組する規定変更案など3議案を上程した。宗門のシンクタンクとしての位置付けを明確化し、機能の強化を…

霊園開発、二審も寺院勝訴6月26日

霊園開発を巡り、千葉県印西市の曹洞宗円蔵寺(千代川宗禎住職)から墓地の工事や販売の権限を独占的に認められた石材店が、一方的に契約を解除されたことで受けた損害の賠償を求めた…

法燈継承を宣言する表白文を捧読する吉村管長

吉村暲英管長が晋山 融通念仏宗6月25日

融通念仏宗の吉村暲英管長・総本山大念仏寺第67世法主(79)の晋山式が18日に大阪市平野区の大念仏寺で営まれ、満堂の僧俗が見守る中、同管長が尊前で法燈の継承を宣言する表白…

脱現金化の陥穽 利便性だけで判断は危険

社説6月26日

茶髪の生徒ら共感 ヒロシマ語った原さん

社説6月21日

「星野君の二塁打」 「道徳」教科書の問題点

社説6月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加