PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

慶讃法要の日程告げる 本山本願寺で高札立札式

2019年4月17日 16時20分
御影堂門前で行われた高札立札式 御影堂門前で行われた高札立札式

京都市下京区の浄土真宗本願寺派本山本願寺で13~15日、立教開宗記念法要(春の法要)が営まれた。大谷光淳門主は15日に親教を行い、2023年に修行する親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要の期日が同年3月29日~5月21日の5期30日間(ほぼ隔週)になると示した。

阿弥陀堂から縁儀の列と共に御影堂に入堂した光淳門主は法要後、親教に臨み「私たちはこれから、み教えを聴聞するとともに、宗門総合振興計画の取り組みを進め、多くの方にみ教えを伝え、来るべき親鸞聖人御誕生850年ならびに立教開宗800年の慶讃法要をお迎えいたしましょう」と呼び掛けた。(詳細は2019年4月17日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

再建時の姿がよみがえった観音堂で営まれた落慶法要

修理の観音堂落慶、370年ぶり 総本山仁和寺5月20日

真言宗御室派総本山仁和寺(京都市右京区)で15日、6年半にわたる大修理を昨年秋に終えた重要文化財「観音堂」の落慶法要が始まった。江戸時代の再建以来約370年ぶりの落慶とな…

講中の人たちに先導されて久遠寺境内を歩く新郎新婦

仏前結婚式受け付け本格開始 身延山久遠寺5月17日

日蓮宗総本山身延山久遠寺(山梨県身延町)が仏前結婚式の受け付けを本格的に始めた。地域住民の協力で万灯行列を行い、僧侶による雅楽の生演奏など、寺院ならではの厳粛な式にする。…

神仏合同で営まれた法要

藤原不比等1300年遠忌、神仏合同で営む 興福寺5月16日

藤原不比等(659~720)の1300年遠忌が奈良市の法相宗大本山興福寺で3日、春日大社と合同で営まれた。中金堂に旧五摂家の鷹司家所蔵「淡海公御影」を奉安。同家当主の鷹司…

PR

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日

沈黙を強いられる世で 声なき声に耳を澄ます

社説5月13日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加