PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

生身供の唐櫃を新調 金剛峯寺に奉納

2019年5月13日 16時34分
上野理事長(左から2人目)から唐櫃の説明を聞く添田総長と飛鷹法印(右端) 上野理事長(左から2人目)から唐櫃の説明を聞く添田総長と飛鷹法印(右端)

日本伝統職人技術文化研究会(事務局=富山県南砺市)は、高野山奥之院御廟に入定する弘法大師への生身供で食事を運ぶ「唐櫃」を制作し、和歌山県高野町の高野山真言宗総本山金剛峯寺にこのほど奉納した。

同研究会は社寺建築や彫刻、飾り金具、漆塗りなど様々な伝統工芸の職人でつくる団体。技術の保持、伝承に取り組み、全国の有名寺社を会場に「全国伝統職人サミット」を開いている。2016年に高野山で開催した際、平成の職人技を次代に伝えるプロジェクトとして生身供の唐櫃を制作することになり、加盟する職人約20人が厳選した最高級の素材を用い、高度な技術を結集して2年余りをかけて制作した。(詳細は2019年5月10日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

新たに重要文化財に指定される真宗本廟の御影堂と阿弥陀堂(奥)

真宗本廟6棟、重文指定へ 文化審議会答申5月22日

国の文化審議会は17日、真宗大谷派真宗本廟(東本願寺、京都市下京区)の御影堂、阿弥陀堂など6棟を重要文化財に指定するよう柴山昌彦・文部科学相に答申した。 真宗本廟の主要…

遺骨調査終了も返還求める 政府に全日仏理事長5月21日

全日本仏教会は14日、東京都内で第25回理事会を開いた。全日仏が政府の要請で協力してきた朝鮮半島出身の旧民間徴用者の遺骨調査に対して、政府から根本匠厚生労働大臣と河野太郎…

再建時の姿がよみがえった観音堂で営まれた落慶法要

修理の観音堂落慶、370年ぶり 総本山仁和寺5月20日

真言宗御室派総本山仁和寺(京都市右京区)で15日、6年半にわたる大修理を昨年秋に終えた重要文化財「観音堂」の落慶法要が始まった。江戸時代の再建以来約370年ぶりの落慶とな…

PR

続発する交通事故 他者思いやる禅の心を

社説5月22日

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加