PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

藤原不比等1300年遠忌、神仏合同で営む 興福寺

2019年5月16日 16時45分
神仏合同で営まれた法要 神仏合同で営まれた法要

藤原不比等(659~720)の1300年遠忌が奈良市の法相宗大本山興福寺で3日、春日大社と合同で営まれた。中金堂に旧五摂家の鷹司家所蔵「淡海公御影」を奉安。同家当主の鷹司尚武・神社本庁統理、鷹司誓玉・浄土宗大本山善光寺大本願法主が参拝した。

不比等は中臣鎌足の子で、大宝律令の制定や平城京遷都を主導した。後に官僧出世の登龍門となる維摩会を706年に復興し、714年には興福寺中金堂を建てた。また北円堂は一周忌供養のために建てられた。

午後1時半、多川俊映貫首ら寺僧10人と花山院弘匡宮司ら春日大社神職7人が入場。(詳細は2019年5月15日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

新たに重要文化財に指定される真宗本廟の御影堂と阿弥陀堂(奥)

真宗本廟6棟、重文指定へ 文化審議会答申5月22日

国の文化審議会は17日、真宗大谷派真宗本廟(東本願寺、京都市下京区)の御影堂、阿弥陀堂など6棟を重要文化財に指定するよう柴山昌彦・文部科学相に答申した。 真宗本廟の主要…

遺骨調査終了も返還求める 政府に全日仏理事長5月21日

全日本仏教会は14日、東京都内で第25回理事会を開いた。全日仏が政府の要請で協力してきた朝鮮半島出身の旧民間徴用者の遺骨調査に対して、政府から根本匠厚生労働大臣と河野太郎…

再建時の姿がよみがえった観音堂で営まれた落慶法要

修理の観音堂落慶、370年ぶり 総本山仁和寺5月20日

真言宗御室派総本山仁和寺(京都市右京区)で15日、6年半にわたる大修理を昨年秋に終えた重要文化財「観音堂」の落慶法要が始まった。江戸時代の再建以来約370年ぶりの落慶とな…

PR

続発する交通事故 他者思いやる禅の心を

社説5月22日

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加