PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

愛和の光明へ努力 新宗連理事長がメッセージ

2020年5月20日 16時31分

新日本宗教団体連合会(新宗連)の岡田光央理事長が11日、新型コロナウイルス感染拡大を受けメッセージを発表した。「このような時こそ、私たち宗教者、信仰者が日頃から学び、醸成してきた神仏の智慧や慈愛による働きが必要」と期待を寄せている。

メッセージは、政府の緊急事態宣言発令で不要不急なものの自粛が要請される中で、自分たちに必要不可欠なものが自然と選択されるようになっていると説明。このことが、より本質的でこれからの社会に必要なものの探究につながっていると指摘している。(詳細は2020年5月20日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

自坊で撮影した動画で政策を説明する藤田尚哉・日蓮宗同心会政策委員長

ビデオで政策伝達 所長懇談会開けず 日蓮宗同心会6月2日

日蓮宗宗政会派の与党・同心会は、政策を伝えるビデオメッセージを作成し、全国の宗務所長に送付した。例年開催している宗務所長との懇談会がコロナ禍で実施できなくなったための措置…

包括法人の現状の課題について話す勝氏

ズームで自主ゼミ 終息後の寺院のあり方学ぶ6月2日

浄土宗一向寺(栃木県佐野市)の東好幸住職は21日、ウェブ会議システム「ズーム」を利用した自主ゼミナール「第1回Zoom夏安居」を開いた。ジャーナリストで浄土宗僧侶の鵜飼秀…

門首継承式、規模縮小 総長方針演説を公開 大谷派6月1日

真宗大谷派は25日、2020年度の宗務方針に関する但馬弘宗務総長と齊藤法顕財務長の「演説」内容をメディア向けに公開した。但馬総長は新型コロナウイルス問題を受け、宗派一般会…

「弱さ」を見つめる 「孤立化」克服する宗教の力

社説6月3日

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加