PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

持続化給付金めぐる動き情報開示 日本宗教連盟

2020年6月26日 12時56分

日本宗教連盟(日宗連)は23日、「このたびの新型コロナウイルスの社会的影響と、政府の支援策について(意見)」と「経緯の記録 日本宗教連盟の新型コロナウイルス感染症対策」、自由民主党組織運動本部の社会・宗教関係団体委員長宛てに提出した「要望書」をホームページ上で公開した。持続化給付金を巡る日宗連の動きに関して、説明不足から宗教界内外に誤解や混乱があったとして、情報を開示しその経緯を明らかにすることにしたという。(詳細は2020年6月26日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

親鸞聖人御真影の尊前に仏供を供える暢裕門首

大谷暢裕門首が就任 前門と晨朝法要出仕 大谷派7月3日

真宗大谷派の大谷暢裕門首(68)が1日に就任し、同日午前7時から営まれた真宗本廟(京都市下京区)の晨朝法要に出仕、門首としての第一歩をしるした。 6月30日に退任した暢顯…

次期宗務総長に鈴木氏 豊山派7月3日

真言宗豊山派の星野英紀宗務総長の任期満了に伴う第153次宗会臨時会が1日に東京都文京区の宗務所で開かれ、次期宗務総長に金蓮院(東京都葛飾区)住職の鈴木常英氏(70)が選ば…

非常時に中止できるよう加行所の規程変更 日蓮宗7月2日

日蓮宗は6月24日に東京都大田区の宗務院で常任議員会を開き、加行所を非常時は中止できるようにする規程改正案を議決した。今年度の加行所を開設するかどうかはまだ決まっていない…

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念

社説7月3日

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ

社説7月1日

「震災伝承ロード」 伝える熱意と工夫が重要

社説6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加