PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

「夏詣」賛同寺社200超える 浅草神社提唱

2020年7月21日 16時01分

東京都台東区の浅草神社の提唱で始まった「夏詣」に賛同する神社仏閣が200を超えた。地域との連携など新たな取り組みも生まれている。

「夏詣」は1年の半分を節目に、半年を無事に過ごせた感謝と次の半年の平穏を祈るために寺社に参拝する習慣づくりを目的に始まった。2014年は浅草神社だけだったが、年々賛同する寺社が増え、昨年は160。そして今年、200を超えた。土師幸士・浅草神社宮司によると、賛同する寺社が協力し独自の取り組みを企画するなどの広がりを見せている。(詳細は2020年7月17日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

残余財産「国庫に帰属」へ 宗教法人解散で初の事例8月6日

引き取り手のない土地等の残余財産が障害となって滞っていた島根県大田市の浄土宗金皇寺の解散手続きが、その土地を「国庫に帰属」する方向で協議が進んでいる。宗教法人の解散手続き…

祖父と共に見たアルバムを開く篠禰宜。祖父の兵隊姿の写真などが収まる

語り、受け継ぐ平和~戦後75年⑧ 篠泰比呂氏8月6日

86歳で帰幽した祖父は旧ソ連強制抑留者だった。幼い頃、アルバムを開く祖父のもとで、兵隊姿の祖父やその友人らの写真を見ていた。どのような会話をしたかは覚えていないが、共に写…

「文化や風土は多様だが『南無阿弥陀仏』の言葉だけは同じ」と語る暢裕門首。右は裕・新門

「門徒と膝を交え聞法を」 大谷派、暢裕門首が会見8月5日

7月1日に就任した真宗大谷派の大谷暢裕・第26代門首(68)が同月30日、長男の裕・新門(34)と共に京都市下京区の真宗本廟・宮御殿で就任の記者会見に臨んだ。暢裕門首は「…

慰霊式は簡素化しても 歴史を振り返る8月に

社説8月5日

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加