PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

語り、受け継ぐ平和~戦後75年⑥ 森俊英氏

2020年7月30日 16時30分
各国の核兵器開発費を示し「猜疑心でなく人間愛から市民の命を守るべきだ」と森住職 各国の核兵器開発費を示し「猜疑心でなく人間愛から市民の命を守るべきだ」と森住職

2016年から署名活動が始まった核廃絶を呼び掛ける「ヒバクシャ国際署名」への協力を、代表委員の田中煕巳氏やICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)国際運営委員の川崎哲氏らと共に宗教界に訴えてきた。恨みを超えて平和を願う被爆者の姿に心を動かされたからだ。

今年3月末で署名は1100万筆を超えた。「9月18日に最終集約し、国連に提出される。戦後75年の夏に多くの人に注目してほしかったが、コロナ禍に。けれどオンラインでもできるのでぜひ署名を」と呼び掛ける。(詳細は2020年7月29日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

「平和宣言」を述べる石上総長

戦没者追悼ライブ配信 千鳥ケ淵と各地結ぶ 本願寺派9月25日

浄土真宗本願寺派は18日、国立千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京都千代田区)で第40回千鳥ケ淵全戦没者追悼法要を行った。新型コロナウイルスの影響で参列者を宗門関係者に限り規模を大幅…

コロナ時代の宗教様式、寺院はどう対応 浄土宗パネル発表9月24日

新型コロナウイルスの影響で中止となった浄土宗総合学術大会に代わり研鑽の機会をと、同大会で予定されていたパネル発表「ウィズ・コロナ時代に寺院はどう向き合うか」が11日、オン…

議場では議員同士の距離を広く取り感染防止に努めた

補正予算案など承認 妙心寺派定期宗議会9月23日

臨済宗妙心寺派の第139次定期宗議会が16、17日、大本山妙心寺の微妙殿で開かれた。2019年度宗派決算、20年度補正予算案など議案16件と、大本山妙心寺の19年度決算な…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加