PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

ポスター、思い伝わるか 本願寺派「コロナ」メッセージ

2020年9月4日 15時37分
本願寺新報6月1日号に掲載したポスター「おやさしい 南無阿弥陀仏に ありがとう」 本願寺新報6月1日号に掲載したポスター「おやさしい 南無阿弥陀仏に ありがとう」

浄土真宗本願寺派は「新型コロナウイルス感染拡大に伴うすべての人へのメッセージポスター」を全寺院に届く機関紙『本願寺新報』に定期的に掲載している。ポスターを各寺院の掲示板に張り出すなどの活用を促しており、教えに基づいた明確なメッセージを打ち出すことで人々の不安を少しでも和らげたいとの思いを込める。ただ、教えの核心を示す言葉を使うと一般の人に内容が十分伝わらないという問題がある一方、分かりやすさを優先し過ぎると教えに対する誤解を招くとの懸念もささやかれている。(詳細は2020年9月4日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

「平和宣言」を述べる石上総長

戦没者追悼ライブ配信 千鳥ケ淵と各地結ぶ 本願寺派9月25日

浄土真宗本願寺派は18日、国立千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京都千代田区)で第40回千鳥ケ淵全戦没者追悼法要を行った。新型コロナウイルスの影響で参列者を宗門関係者に限り規模を大幅…

コロナ時代の宗教様式、寺院はどう対応 浄土宗パネル発表9月24日

新型コロナウイルスの影響で中止となった浄土宗総合学術大会に代わり研鑽の機会をと、同大会で予定されていたパネル発表「ウィズ・コロナ時代に寺院はどう向き合うか」が11日、オン…

議場では議員同士の距離を広く取り感染防止に努めた

補正予算案など承認 妙心寺派定期宗議会9月23日

臨済宗妙心寺派の第139次定期宗議会が16、17日、大本山妙心寺の微妙殿で開かれた。2019年度宗派決算、20年度補正予算案など議案16件と、大本山妙心寺の19年度決算な…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加