PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

補正予算案など承認 妙心寺派定期宗議会

2020年9月23日 16時25分
議場では議員同士の距離を広く取り感染防止に努めた 議場では議員同士の距離を広く取り感染防止に努めた

臨済宗妙心寺派の第139次定期宗議会が16、17日、大本山妙心寺の微妙殿で開かれた。2019年度宗派決算、20年度補正予算案など議案16件と、大本山妙心寺の19年度決算など承認案5件が付議され、それぞれ可決承認。山陽教区1カ寺の解散が報告された。

今次定宗は新型コロナウイルス感染防止のため、教令によって議場を宗務本所から微妙殿に変更し、通常3日間の会期を2日間に短縮。さらにオンライン出席も認めて3人が利用した。(詳細は2020年9月18日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

来年次も本部団参を休止 立正佼成会10月20日

立正佼成会の新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長=國富敬二理事長)は3日、「『新型コロナウイルス(COVID―19)』に関する対応について(第8報)」と題する通知を全…

園城寺長吏に福家俊彦氏 天台寺門宗10月19日

大津市の天台寺門宗総本山園城寺(三井寺)は18日、福家英明長吏の死去に伴い総代会を開き、福家俊彦執事長(61)を第164代長吏に選任した。福家新長吏は英明前長吏のおい。今…

資金貸付案など可決 審事院規程は継続審査 曹洞宗宗議会10月19日

曹洞宗の第135回通常宗議会は14日、宗門の監正機関である審事院の規程を変更する議案を継続審査とし、コロナ禍により困窮した寺院へ貸し付けを行う規程案等を含むその他の議案を…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

異なる原理 最善の交流の道を探るべき

社説10月21日

人間の尊厳と宗教 いのちの本源的な領域

社説10月16日

学術会議任命拒否 理解できる理由の説明を

社説10月14日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加