PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

香華抄 板橋興宗・曹洞宗元管長

2020年12月24日 16時44分

「坐禅の虫」と自称し、一日も坐禅を欠かすことはなかった。優しい人柄で僧俗に愛され、行く先々は多くの修行僧が集まる叢林となった。

金沢市の大乘寺専門僧堂の堂長時代、同寺に安居した僧侶は「『大衆一如』を最も大事にされた方だった」と述懐する。大衆とは修行僧のことで、禅師自らが修行僧と共に修行した。全国を講演で飛び回ったが、宿泊はなるべく避け、寺に戻って大衆と一緒に朝晩の坐禅を行った。(詳細は2020年12月18日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

檜皮葺きの作業風景。文化財建造物の寺社での修理が技術継承に貢献する

伝統技術継承に課題 ユネスコ登録の「建築工匠の技」1月22日

木造建造物を保存・修理するための日本の伝統技術が「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」として昨年12月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に…

ハラスメントで懲戒免職も 妙心寺派、防止規約協議1月22日

臨済宗妙心寺派の教学審議会が18日にオンラインで開かれ、新設するハラスメント防止規約や宗務本所内への相談窓口とハラスメント防止委員会の設置、宗制の宗務本所職員規程の一部改…

御衣と共に御影堂へ還列する布施大阿(中央)

後七日御修法が結願 布施大阿、真言宗長者へ1月21日

国家安泰、世界平和を願う真言宗最高の厳儀「後七日御修法」が14日、京都市南区の東寺真言宗総本山教王護国寺(東寺)で7日間21座にわたる祈祷を終えて結願した。 午前10時、…

PR

阪神淡路27回忌 未来に語り継ぐ課題

社説1月22日

宗教縁の時代 キーワードはソロ社会

社説1月20日

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加