PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

新旧の百鬼夜行絵巻陳列

2021年8月6日 11時38分
新旧の百鬼夜行絵巻陳列

京都市東山区の臨済宗建仁寺派高台寺で「百鬼夜行展」が開かれている。同寺が所蔵する新旧2本の百鬼夜行絵巻や、河鍋暁斎作の絶世の美女・地獄太夫が描かれた掛け軸などを特別展示している=写真。

高台寺開創400年の記念作品である現代版の百鬼夜行絵巻は、釣り鐘や紅葉、竹林など同寺に関わるものが妖怪の姿で描かれている。妖怪たちが夜の町を徘徊する様子を、コミカルなタッチで表現する。(詳細は2021年8月6日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

控訴審も元職員側勝訴 東京高裁「一審判決は相当」 神社本庁懲戒処分取り消し訴訟9月17日

神社本庁の百合丘職舎売却に関する問題を巡って懲戒処分を受けた元職員ら2人の解雇、降格、減給処分を無効とし、神社本庁に未払いの給与分を支払うように命じた訴訟の控訴審判決が1…

浄土宗、鎌倉新書に抗議 サイト「いい葬儀」、所属寺院を無断掲載9月17日

鎌倉新書(東京都中央区)が運営する葬儀ポータルサイト「いい葬儀」に宗門所属寺院の名称や地図、葬儀費用などが無断で掲載されたとして、浄土宗が同社に抗議していたことがこのほど…

橋本雅邦筆「臨済一喝」(明治時代、個人蔵)

人物画の魅力伝える 10月17日まで祖師・祭神像など公開 根津美術館企画展9月17日

東京都港区の根津美術館は企画展「はじめての古美術鑑賞―人をえがく―」を開いている。人物を描くことが忌避された古代日本で例外的に描かれた祖師や祭神をはじめ、時代を下る中で対…

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日

いまも消えぬ悲しみ 犠牲者遺体捜し続ける遺族

社説9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加