PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

利便性を伴う「監視社会」 京都仏教会研究会 田中滋氏が課題提起 「フィルターバブル」人格変容にどう対応

2021年12月20日 11時25分

京都仏教会の「宗教と社会研究実践センター」の研究会が11日、相国寺承天閣美術館で開かれ、田中滋・龍谷大名誉教授が「拡大・深化する監視社会と宗教」をテーマに講演。ネット空間の「フィルターバブル」の影響で起きる個人の人格変容を指摘し、監視社会の中で人格が変容し始めた人々に宗教者としていかに向き合うかという課題を提起した。(詳細は2021年12月17日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

神社界 歴代藩主奉納の太刀公開

神社界 歴代藩主奉納の太刀公開1月21日

宮城県塩釜市の鹽竈神社博物館では30日まで、新春特別展「伊達家歴代藩主奉納太刀」を開いている=写真。 同神社には伊達家の4代藩主・綱村が1675(延宝3)年に太刀「来国光…

管長に石附總持寺貫首 曹洞宗 初の就任、任期2年1月21日

曹洞宗大本山總持寺の石附周行貫首(84)が22日、管長に就任する。現管長の大本山永平寺の南澤道人貫首(94)が任期満了で退任するため。2021年9月に總持寺貫首に就いた石…

盛田正孝氏を推薦 顧問会 満場一致で候補に 總持寺副貫首選1月21日

曹洞宗大本山總持寺(横浜市鶴見区)は9日に顧問会、責任役員会を開き、元後堂で正法寺住職の盛田正孝氏(77)を副貫首候補に推薦することを満場一致で決めた。2021年9月の江…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加