PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

御正忌報恩講始まる 参拝者を制限、行事中止も 西本願寺

2022年1月12日 15時28分
御影堂に間隔を空けて設けられた参拝指定席 御影堂に間隔を空けて設けられた参拝指定席

浄土真宗本願寺派本山本願寺(京都市下京区)で9日から、宗祖親鸞聖人の遺徳を偲ぶ御正忌報恩講法要が始まった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のために参拝者数を制限して指定席での案内としたほか、感染状況を考慮して来賓の招待や一部行事を中止した。(詳細は2022年1月12日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

350年大遠諱は規模縮小 隠元禅師像「里帰り」問題 「何も話してない」 黄檗宗定宗 22年度予算案 修正できず未承認1月24日

黄檗宗の第139次定期宗会は14日、2022年度予算案を未承認のまま閉会した。議員から出された意見を反映した予算の修正案が会期中に間に合わなかったため。今後、修正案を参事…

是旃陀羅問題 「不読」直接提言せず 大谷派 三つの報告書提出1月24日

真宗大谷派で観無量寿経の「是旃陀羅」の語を巡る問題への対応について協議・研究してきた三つの会議体が7日、木越渉宗務総長に報告書を提出した。同派が全国水平社創立100周年の…

宗内寺院を代表して弔辞を捧げる中村議長

世界平和へ強い願い 森川前座主の天台宗葬 300人参列、功績偲ぶ1月24日

昨年11月22日に96歳で亡くなった天台宗の森川宏映・第257世座主の本葬(天台宗葬)が18日、大津市の宗務庁で営まれた。宗内寺院関係者を中心に約300人が参列し、比叡山…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加