PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

【ロシア、ウクライナ侵攻】3宗教の聖日は休戦を ウクライナ宗教者が要望

2022年4月20日 13時13分

バチカンニュース(英文オンライン)は、ウクライナの主要な宗教コミュニティーの代表が15日、宗教上の聖日の期間中の休戦をロシアに呼び掛けたと伝えた。

この宗教上の聖日はキリスト教のイースター(西方教会は17日、東方教会は24日)、ユダヤ教の過越の祭り(15日夜から23日夜まで)、イスラム教のラマダン(5月3日まで)を指し、ウクライナの教会と宗教団体の共同アピールは「少なくとも三つの宗教の聖日の期間中、ウクライナの都市や村への砲撃を止め、攻撃的な敵意を抑える」よう訴えている。

カトリックの教皇フランシスコも10日、「武器を置いて、復活祭の停戦に入るように」と呼び掛けていた。(詳細は2022年4月20日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

本社神輿3基がそろって氏子地域を巡った

三社祭、活気再び 本社神輿3基、3年ぶり渡御 浅草神社5月27日

浅草神社(東京都台東区)の例大祭「三社祭」が21、22日に斎行された。各地から担ぎ手が集まる町内神輿の渡御は新型コロナウイルスの感染防止のため中止したが、本社神輿3基がそ…

消えずの火を点火する椋田委員長㊧と中村副委員長

大師「消えずの火」後世に 宮島弥山・大聖院で灯火台落慶 生誕1250年委5月27日

2023年に迎える弘法大師空海生誕1250年を記念して発足した「宮島弥山空海生誕1250年記念事業実行委員会」が21日、真言宗御室派大本山大聖院の弥山霊火堂(広島県廿日市…

室中の間の玉龍(第6龍)の前に座る細川氏㊨と松山住職

細川元首相、龍安寺に襖絵奉納 雲龍図40面のうち32面完成 開基・細川勝元550年遠諱記念5月27日

京都市右京区の臨済宗妙心寺派龍安寺に13日、元首相の細川護熙氏が方丈の襖絵「雲龍図」を奉納した。開基の細川勝元(1430~73)の550年遠諱を記念したもので、全40面の…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加