PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

大樹座主が四天王寺参拝

2022年5月10日 10時09分
大樹座主が四天王寺参拝

天台宗延暦寺の大樹孝啓座主(97)は4月27日に和宗総本山四天王寺(大阪市天王寺区)を参拝し、聖徳太子十六歳孝養像の宝前で座主上任を奉告した=写真。

四天王寺は日本仏法最初の官寺として聖徳太子が開基。太子は中国天台宗の第二祖・南岳慧思禅師の生まれ変わりとして信仰されてきたことから、日本天台宗の宗祖伝教大師最澄は816(弘仁7)年、四天王寺聖霊院に参籠して、法華経を広める決意を太子に誓ったことが史伝に残されている。

歴代座主は上任に際して総本山比叡山延暦寺(大津市)の諸堂参拝と共に四天王寺、太子御廟所の単立叡福寺を参拝するのが慣例になっている。(詳細は2022年5月4日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

巨大な素屋根の中で表白を唱える五條管長

仁王門の解体始まる 70年ぶりに修理 総本山金峯山寺5月24日

70年ぶりの保存修理事業が進む金峯山修験本宗総本山金峯山寺(奈良県吉野町)の国宝仁王門の解体が6日に始まった。五條良知管長は「北向きのこの門は熊野まで続く大峯の修験道場の…

鎮魂之碑の前で追悼法要を行うみなかみ町の僧侶ら

インドネシア・スマラン事件 犠牲の邦人らを追悼 群馬みなかみ町5月24日

第2次世界大戦直後、インドネシア独立の混乱に紛れて虐殺された日本人らを弔う群馬県みなかみ町の「鎮魂之碑」で1日、地元の僧侶らが追悼法要を営んだ。先の大戦で亡くなった日本人…

慶讃文を読み上げる及川貫首

降誕800年、開創700年祝う 及川貫首「法華経道場守る」 日蓮宗妙顕寺5月23日

日蓮宗大本山妙顕寺(京都市上京区)で17日、宗祖日蓮大聖人御降誕800年と龍華大本山妙顕寺開創700年を記念する慶讃大法要が営まれ、僧俗約230人が参列した。及川日周貫首…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加