PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

【特集】真言宗智山派大本山髙尾山薬王院有喜寺 佐藤秀仁・中興第33世貫首晋山 実修実証の精神で寺門興隆 奉告法要に150人、練り行列も

2022年5月11日 10時00分
布施管長をはじめ宗派要職者が見守る中で営まれた晋山法要 布施管長をはじめ宗派要職者が見守る中で営まれた晋山法要

東京都八王子市の真言宗智山派大本山髙尾山薬王院有喜寺で4月6日、中興第33世・佐藤秀仁貫首(51)の晋山奉告法要が営まれた。地元で育ち、修験道にも邁進する若く気概あふれる新貫首は、実修実証の精神で寺門興隆に精進するとの決意を新たにした。

前日までの雨が伽藍に降り積もった花粉や落ち葉を洗い流し、快晴となった当日。桜が咲きそろい、春光が降り注ぐ中、修験装束を身にまとった佐藤貫首は稚児、僧侶、総代と共に山麓の表参道から練り歩いた。高尾登山電鉄清滝駅前で開かれた山麓式典では佐藤貫首が洒水加持を行い、稚児や集まった参拝者、登山者の心身を清めた。八王子消防記念会の木遣り、髙尾五丁目囃子連による獅子舞の演舞が披露された後、くす玉を割って、新貫首の就任を盛大に祝った。(詳細は2022年5月4日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

本社神輿3基がそろって氏子地域を巡った

三社祭、活気再び 本社神輿3基、3年ぶり渡御 浅草神社5月27日

浅草神社(東京都台東区)の例大祭「三社祭」が21、22日に斎行された。各地から担ぎ手が集まる町内神輿の渡御は新型コロナウイルスの感染防止のため中止したが、本社神輿3基がそ…

消えずの火を点火する椋田委員長㊧と中村副委員長

大師「消えずの火」後世に 宮島弥山・大聖院で灯火台落慶 生誕1250年委5月27日

2023年に迎える弘法大師空海生誕1250年を記念して発足した「宮島弥山空海生誕1250年記念事業実行委員会」が21日、真言宗御室派大本山大聖院の弥山霊火堂(広島県廿日市…

室中の間の玉龍(第6龍)の前に座る細川氏㊨と松山住職

細川元首相、龍安寺に襖絵奉納 雲龍図40面のうち32面完成 開基・細川勝元550年遠諱記念5月27日

京都市右京区の臨済宗妙心寺派龍安寺に13日、元首相の細川護熙氏が方丈の襖絵「雲龍図」を奉納した。開基の細川勝元(1430~73)の550年遠諱を記念したもので、全40面の…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加