PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

門徒推進員減、課題に 研修講師養成など重点 本願寺派

2024年6月24日 10時19分

浄土真宗本願寺派の研修講師を養成する「中央実習」の第5回閉会式が14日、京都市下京区の本願寺聞法会館で行われた。同派では僧侶や寺族と共に「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)を推進する門徒推進員の減少が課題になっており、門徒推進員を育てる研修講師は大きな役割を担っている。

実践運動など教団の運動の推進に欠かせない存在だが、年間新規登録者は2015年頃の約300人から減少し、新型コロナウイルスの感染拡大による研修会中止も影響して22年度は61人、23年度は103人だった。(詳細は2024年6月21日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大7月23日

法華経解説書のモンゴル語訳が完成し、6月16~20日に日蓮宗・立正大学日蒙交流団がモンゴルの首都ウランバートルを訪れ国立大学や寺院で贈呈式を行った。モンゴルはチベット語訳…

空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露7月23日

東京都台東区の東京国立博物館平成館特別展示室で特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」が17日、開幕した。会期は9月8日まで。神護寺創建1200年を記念したもので、寺外…

瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う7月23日

曹洞宗大本山總持寺を開いた太祖瑩山紹瑾禅師の700回大遠忌が今年、正当の年を迎えた。50年に1度の勝縁に際し、總持寺では連日、様々な法要や特別行事が行われている。4月1~…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加