PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

教皇批判の大司教を告発 教会分裂の罪で バチカン教理省

2024年6月26日 13時55分

バチカンの教皇フランシスコに対する批判者として知られる元駐米教皇庁大使のカルロ・マリア・ヴィガノ大司教は20日、「X」でバチカンの教理省から教会分裂(シスマ)の罪で告発されたことを自ら公表した。

同大司教が公開した召喚状によれば「カトリック教会との交わりを維持するため必要な要素を否定するものとなる公の声明、すなわち教皇フランシスコの正当性否定、教皇との交わりの断絶、第2バチカン公会議の拒否」が告発の理由に挙げられる。

審理は教会法上の簡略化された超法規的手続きで行われ、28日までに出廷ないし書面による弁明がない場合、本人不在のまま裁かれると予告している。(詳細は2024年6月26日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大7月23日

法華経解説書のモンゴル語訳が完成し、6月16~20日に日蓮宗・立正大学日蒙交流団がモンゴルの首都ウランバートルを訪れ国立大学や寺院で贈呈式を行った。モンゴルはチベット語訳…

空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露7月23日

東京都台東区の東京国立博物館平成館特別展示室で特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」が17日、開幕した。会期は9月8日まで。神護寺創建1200年を記念したもので、寺外…

瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う7月23日

曹洞宗大本山總持寺を開いた太祖瑩山紹瑾禅師の700回大遠忌が今年、正当の年を迎えた。50年に1度の勝縁に際し、總持寺では連日、様々な法要や特別行事が行われている。4月1~…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加