PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

インフルエンザ

〈コラム〉風鐸2019年1月15日 17時49分

新年早々インフルエンザにかかった。まず小学生の息子が感染し、大事に至らなければいいがと心配していたら、自分の体がやけに重く感じだした。熱を測ると38度を超えており、慌てて診察を受けに行くと案の定、同じA型だった。数日間、悪寒や吐き気、止まらぬ咳、体の節々の痛みに苦しんだ◆思い返せば、ここ数年は予防接種を受けていた。しかし昨年は何かと予定が立て込み、その時間を取ることをしなかった。本格的な冬に入る前に、テレビニュース等でワクチン接種を受けるよう呼び掛けていたが、大丈夫だろうと高をくくっていた。しばらくインフルエンザにかからなかったため、その苦痛と予防接種のありがたみを忘れていたのだった◆言い古された言葉だが「天災は忘れた頃にやって来る」という。関東大震災に遭遇した東京帝国大の物理学教授・寺田寅彦が、災害の調査研究を行った末に、人は災難の歴史を忘れやすく、同じ苦しみを繰り返してしまうと警告したものだ◆昨年は大きな地震や台風が相次ぎ、1年を表す漢字に「災」が選ばれた。平成の30年間には多くの災害が起きたが、すでに記憶が薄らぎつつあるのではないかと自省させられる◆備えは小さな労力で大きな損害を防ぐことになる。少しの手間を惜しんだばかりに招いた年始の病で、この1年は備えをおろそかにすまいとの思いを強くした。(有吉英治)

電車の中

5月14日

よくある風景だが気になること。電車の4人掛けに3人が座り、奥の窓側の席が空いている。座りたい時は通路側の人に「ごめんなさい」と言って膝と膝の間に足を差し込み、恐縮の体で腰…

元号考

4月26日

今上天皇陛下の譲位と皇太子さまの即位に伴う改元で新元号が「令和」に決まった。大化以来248番目の元号であるとされる◆ところで、南北朝時代には天皇家が二つに分裂し、元号も南…

EU離脱

4月22日

英国の迷走が止まらない。欧州連合(EU)離脱を選択した国民投票から6月で丸3年になるが離脱条件を定めたEUとの協定案は議会で何度も否決され、離脱日はずるずると引き延ばされ…

PR

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日

沈黙を強いられる世で 声なき声に耳を澄ます

社説5月13日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加