PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

権力の腐敗

〈コラム〉風鐸2019年1月23日 16時59分

最近、訪中した宗教者が驚いたのは、これまでなら受け入れ側が国家宗教事務局の名刺で挨拶するような場面で、共産党中央統一戦線工作部の肩書名刺が差し出されたことだという◆中国では昨年2月1日に改正「宗教事務条例」が施行され、3月には全国人民代表大会で「党および国の機構改革深化案」が可決し、国務院直属の国家宗教事務局を中央統一戦線工作部に組み入れることなどが決まった。国家宗教事務局長の王作安氏も3月に統戦部副部長に就任している◆研究者らによれば、習近平政権の宗教政策の基本は「宗教の中国化」だという。宗教側の国家への服従が一層強く求められつつある、ということだろう。日本の戦前の国家神道体制とも通い合うところがあるように見える◆その一方で、昨年夏には中国仏教協会のトップだった学誠氏が女性関係と金を巡る問題で失脚した。同氏が中国仏教協会の秘書長で副会長を兼ねた時期に会って、新しいタイプの若手エリートという印象を強く受けたが、中国仏教界の最高指導者に上り詰めた揚げ句の失墜には驚くというより呆れてしまった。権力の腐敗という言葉が脳裏に浮かんだ◆昨年は日本国内でも高僧といわれる人たちのスキャンダルが暴露された。だが、これは少しばかり質が違う。国家権力と宗教の関係について考えさせられた。他山の石というべきかもしれない。(津村恵史)

電車の中

5月14日

よくある風景だが気になること。電車の4人掛けに3人が座り、奥の窓側の席が空いている。座りたい時は通路側の人に「ごめんなさい」と言って膝と膝の間に足を差し込み、恐縮の体で腰…

元号考

4月26日

今上天皇陛下の譲位と皇太子さまの即位に伴う改元で新元号が「令和」に決まった。大化以来248番目の元号であるとされる◆ところで、南北朝時代には天皇家が二つに分裂し、元号も南…

EU離脱

4月22日

英国の迷走が止まらない。欧州連合(EU)離脱を選択した国民投票から6月で丸3年になるが離脱条件を定めたEUとの協定案は議会で何度も否決され、離脱日はずるずると引き延ばされ…

PR

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日

沈黙を強いられる世で 声なき声に耳を澄ます

社説5月13日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加