PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

平和の足取り

〈コラム〉風鐸2019年1月29日 17時55分

人は一人で生きられないことを知っているはずなのに、他者との協調や共存を実現するのは難しい。人類が究極に何を求めるべきかを考えることなく自己中心の意思に身を委ねていくと、やがて人と人は、不協和と憎悪に満ちた殺伐とした関係に陥ってしまうだろう◆第2次世界大戦後、世界の科学者・文化人が地球上から戦争をなくし、人類和平の理想を実現しようと提唱した世界連邦建設運動は、今やその崇高な理念が論じられる機会も少ない◆大国が自国第一主義を掲げて他国との融和を拒み、新たな対立の構図を描く動きなどを見ていると、世界は調和と統一のグローバリゼーションに逆行しているように思える。そんな時、愛や正義の理想に身を捧げた先人の存在を忘れてはならぬという声が聞こえてくる◆ガンジーの非暴力に学んだキング牧師は「宇宙は正義に味方する」との確信を述べている。正義の目標に向かう一歩一歩は犠牲と苦痛と闘いを伴う。そのたゆまぬ努力を怠ると、社会を破壊する原始的な暴力を許すことになると戒めている◆暴力で平和をもたらすことはできない。苦痛と憎しみを増幅させるだけである。しかし非暴力を貫くことは臆病者にはできない。なぜなら非暴力は、苦痛を忍び、一身を犠牲にし、友情と理解を求める道だから――。平成の終わりに際し、戦後日本の平和の足取りを改めて考えたい。(形山俊彦)

動物実験といのち

7月22日

動物実験を巡る問題を論じる研究会に参加した。薬剤などを動物で試すのは虐待だという訴えと科学の進歩との調和を図る試みは多様で、最近は国際的な基準によって、微生物や細胞、知覚…

トランプ流

7月16日

韓国・板門店で6月30日に電撃的に行われた第3回米朝首脳会談は世界を驚かせた。朝鮮戦争停戦の軍事境界線を踏み越えて握手する両首脳の映像は、直前の華々しいG20大阪サミット…

100人に1人

7月9日

推計61・3万人――。40~64歳の中高年層における、引きこもりの状態にあるとされる人の数である。今年3月、内閣府が公表した。2015年度に公表された15~39歳の54・…

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献

社説7月19日

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す

社説7月17日

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来

社説7月12日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加