PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

カスハラ

〈コラム〉風鐸2019年2月28日 18時35分

客が店員に無理な要求をしたり怒鳴り散らしたりする「カスタマー・ハラスメント(カスハラ)」が増えているという。店員が精神的苦痛で体調を崩したり、店が存続できなくなるなど、重大事に発展しかねない問題で、国が対策を検討するまでに至っている◆客の不当な行為に問題があるのは当然だが、店側の対応にも反省すべき点はないだろうか。「お客さまは神様です」というフレーズが今も使われ、客の要望には何でも応えるのが当たり前という風潮が日本にはある。しかし本当に「客は神」だと思っているのか疑わしい店もある◆もし料理がまずい上にサービスも悪いとなれば、誰しもその店ののれんを再びくぐる気をなくすだろう。お金は商品やサービスの対価であり、それ自体に紙・金属の加工品という以上の価値はない。そこを履き違えてお金ばかり見て商売をすれば、カスハラを生む原因になりかねない◆近江商人の心得として知られる「三方よし」は、売り手も買い手も、奉仕と感謝の心で商取引をすれば、世の中も丸くなるという知恵だ。この経営理念の根底には、自らの利益追求のみをよしとせず、社会全体の幸せを願う菩薩行ともいえる精神が感じられる◆そもそも店と客は対等な関係にある。どちらか一方が偉いわけではない。客も店も互いを敬う心こそが、ハラスメントをなくす妙薬ではなかろうか。(有吉英治)

動物実験といのち

7月22日

動物実験を巡る問題を論じる研究会に参加した。薬剤などを動物で試すのは虐待だという訴えと科学の進歩との調和を図る試みは多様で、最近は国際的な基準によって、微生物や細胞、知覚…

トランプ流

7月16日

韓国・板門店で6月30日に電撃的に行われた第3回米朝首脳会談は世界を驚かせた。朝鮮戦争停戦の軍事境界線を踏み越えて握手する両首脳の映像は、直前の華々しいG20大阪サミット…

100人に1人

7月9日

推計61・3万人――。40~64歳の中高年層における、引きこもりの状態にあるとされる人の数である。今年3月、内閣府が公表した。2015年度に公表された15~39歳の54・…

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献

社説7月19日

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す

社説7月17日

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来

社説7月12日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加