PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

必要なカミ

〈コラム〉風鐸2019年3月6日 17時38分

日本の新聞の発行部数がついに大台を割り込んだ。日本新聞協会が1月に発表した日刊紙の部数調査によると、昨年10月時点で4千万部を下回り3990万部だった。1997年の5376万部をピークに、毎年100万部前後減少し、この1年は222万部も落ち込んだ。20年余で1400万部近く減らしたことになる◆若者の活字離れやインターネット、SNSの台頭などで新聞の危機が叫ばれて久しい。新聞の生き残りへ楽観・悲観の両論が交錯する中、憂慮するのはネットなどで散見される「紙」はもはや不要という声だ◆宗教界に目を転じると、文化庁が先月配布した『宗教年鑑』(平成30年版)で、日本の「信者数」が約1億8116万人と「2億人」を割っていることに気付いた。長らく“人口の倍いる”と話題に上っていた数字だ◆平成で最多、1992年の2億2009万人から漸減し、78年から32年間続いた2億人台は2009年に終わった。その後の減少は急激だ。年鑑の数字は各教団の報告をまとめただけでうのみにはできないが、大きな傾向を読み取ることはできるだろう◆カミ(宗教)は要らない、という声を表立って聞くことはないが、宗教を取り巻く人々の意識や文化は確実に変容している。新聞の危機と共に専門紙には逆風だが、「必要な紙」であり続けるために、知恵を絞り、汗をかくしかない。(飯川道弘)

動物実験といのち

7月22日

動物実験を巡る問題を論じる研究会に参加した。薬剤などを動物で試すのは虐待だという訴えと科学の進歩との調和を図る試みは多様で、最近は国際的な基準によって、微生物や細胞、知覚…

トランプ流

7月16日

韓国・板門店で6月30日に電撃的に行われた第3回米朝首脳会談は世界を驚かせた。朝鮮戦争停戦の軍事境界線を踏み越えて握手する両首脳の映像は、直前の華々しいG20大阪サミット…

100人に1人

7月9日

推計61・3万人――。40~64歳の中高年層における、引きこもりの状態にあるとされる人の数である。今年3月、内閣府が公表した。2015年度に公表された15~39歳の54・…

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献

社説7月19日

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す

社説7月17日

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来

社説7月12日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加