PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

百年の未来

〈コラム〉風鐸2019年3月13日 17時03分

ある教団の新年会で石原慎太郎氏が挨拶し、ホーキング博士がかつて来日して講演した時の聴衆とのやりとりを紹介した。地球のような高度の文明をつくり出した星は、自然のバランスを壊し、宇宙的尺度からすればほとんど瞬間的な速度で自滅する。その「瞬間」とは百年だという◆ホーキング博士は晩年、環境破壊や科学技術の暴走などに警鐘を鳴らし、人類文明の将来に悲観的な見方を示していたが、人類が自滅の淵に立っているという認識には共感する。破綻が「百年」という我々の日常的想像力が届く範囲だというのは強烈なメッセージだ◆終末に関する神話・思想は人類の歴史の黎明期に遡り、現代まで様々な形で繰り返し現れてきた。歴史に何らかの意味・目的を求める立場では、想像力は最終的な破滅か救済、あるいは円環的反復に行き着くだろう◆ホーキング博士の専門領域である科学的宇宙論でも、「熱的死」など究極的未来の宇宙の状態が論じられる。その時間スケールの中に置かれた「百年」はあまりにも卑小である。そこには例えば弥勒下生のような希望の欠片もない◆しかし、ホーキング博士が私たちの日常的時間の延長に自滅の可能性を警告したのは、いま生きている私たちへの強い期待・希望を込めてのことだろう。百年後の子孫への責任を、私たちは厳しく問われているのだ。(津村恵史)

旧暦2033年

5月21日

改元に伴う長い連休の最終日、今月6日は今年の立夏であった。夏が立つと書いて夏の始まりを表す。初夏の季語でもあり、正岡子規に「夏立ちし瓶につゝじの花古き」という句もある◆立…

電車の中

5月14日

よくある風景だが気になること。電車の4人掛けに3人が座り、奥の窓側の席が空いている。座りたい時は通路側の人に「ごめんなさい」と言って膝と膝の間に足を差し込み、恐縮の体で腰…

元号考

4月26日

今上天皇陛下の譲位と皇太子さまの即位に伴う改元で新元号が「令和」に決まった。大化以来248番目の元号であるとされる◆ところで、南北朝時代には天皇家が二つに分裂し、元号も南…

PR

続発する交通事故 他者思いやる禅の心を

社説5月22日

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加