PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

いのちの灯

〈コラム〉風鐸2019年4月8日 13時25分

東日本大震災から8年の被災地で住民による光を用いた慰霊行事が増えた。宮城県南三陸町では高台の仮設商店街でペットボトルに入れたキャンドルが「3・11」の形に並べられ、多くの職員が犠牲になった旧防災庁舎もライトアップされた◆同県多賀城市では紙コップに入れたLEDライトの「万灯会」。同県東松島市では折り鶴を水とろうそくなどを入れた透明なコップで囲むアート。どこでも子供や若者の姿が多いのが目立った◆夜の帳に浮かぶ灯は、亡き人への鎮魂の象徴のようでもあり、闇の中での“希望”をも思わせる。ほのかな明かりに首を垂れて合掌する人々の頬の涙には、様々な思いがこもっているに違いない◆原発事故で住民が避難を強いられる福島県浪江町と飯舘村では、サーチライト3台で夜空に三角形の慰霊碑の形に青い光線が投じられた。原発が生み出す電力を大量に消費し続けてきた東京都心でも、被災者のメッセージが書かれた和紙の灯籠を並べる集いがあった。二つの土地の人々の心は通じ合っただろうか◆宮城県山元町の住職らが続ける「竹灯籠」では、阪神・淡路大震災で採火された神戸の「希望の灯り」も交えた多くの灯明が人々の祈りの姿を照らした。「亡くなった方々に天から見ていただきたい。盆の迎え火のように習わしにすることで震災を語り継ぎたい」との住職の言葉が宗教者の心を物語る。(北村敏泰)

海辺の古墳群

6月25日

イコモス(国際記念物遺跡会議)が大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録をユネスコに勧告した。正式決定は7月になりそうだが、登録されれば近畿で唯一世界遺産がなかった大…

レジ袋

6月17日

これからはコンビニに行くにも「マイバッグ」を持参することになりそうだ。政府はこのほど、スーパーなど小売店で使われるプラスチック製レジ袋の無料配布の禁止に向けて法整備を進め…

聞く耳を持つ

6月11日

日蓮宗の全国宗務所長会議で、初めて意見交換会が開かれた。定期宗会の議決内容を各管区の責任者に伝達するのが所長会とされ、通告質問の時間はあるものの、いわば一方通行の「会議」…

脱現金化の陥穽 利便性だけで判断は危険

社説6月26日

茶髪の生徒ら共感 ヒロシマ語った原さん

社説6月21日

「星野君の二塁打」 「道徳」教科書の問題点

社説6月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加