PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

EU離脱

〈コラム〉風鐸2019年4月22日 09時34分

英国の迷走が止まらない。欧州連合(EU)離脱を選択した国民投票から6月で丸3年になるが離脱条件を定めたEUとの協定案は議会で何度も否決され、離脱日はずるずると引き延ばされている◆決められない政治に国の内外から不安といら立ちの声が上がる。英国は一体どこへ向かおうとしているのか。国内がまとまらない大きな理由がアイルランドとの国境問題らしい◆住民間の対立・紛争が長く続いた英領北アイルランドは、隣国アイルランドと国境を接する。EU発足、和平合意を経て現在、国境はオープンな状態だ。EUとの協定案は、通関業務など国境管理の方式が定まるまで英国は離脱後もEUの関税同盟にとどまるとする。和平への影響を抑えるためだが、離脱強硬派は「英国の主権が回復されない」と反発する◆「合意なき離脱」は避けられるのか。与野党から指導力の欠如を厳しく批判されるメイ首相は、何度も崖っぷちと伝えられながら今も踏みとどまっている。メイ首相の父は英国国教会の聖職者で自らも会員だ。首相の「打たれ強さ」を信仰と結び付ける見方もある◆国教会はこのほど公式サイトに、離脱に向けた「祈りと対話」の手引書を公表した。「意見がどうあれ互いの立場の完全さに敬意を払うよう」訴える内容という。先行きは見通せないが、英国民が分断の危機をどのように乗り越えるのか見守りたい。(飯川道弘)

電車の中

5月14日

よくある風景だが気になること。電車の4人掛けに3人が座り、奥の窓側の席が空いている。座りたい時は通路側の人に「ごめんなさい」と言って膝と膝の間に足を差し込み、恐縮の体で腰…

元号考

4月26日

今上天皇陛下の譲位と皇太子さまの即位に伴う改元で新元号が「令和」に決まった。大化以来248番目の元号であるとされる◆ところで、南北朝時代には天皇家が二つに分裂し、元号も南…

モノからコトへ

4月15日

2018年度グッドデザイン大賞展「おてらおやつクラブ・丸の内別院」が東京・日比谷で開かれている。仏様に供えた食品等を「お下がり」として、経済的に困難な家庭や支援団体に「お…

PR

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日

沈黙を強いられる世で 声なき声に耳を澄ます

社説5月13日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加