PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

海辺の古墳群

〈コラム〉風鐸2019年6月25日 09時29分

イコモス(国際記念物遺跡会議)が大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録をユネスコに勧告した。正式決定は7月になりそうだが、登録されれば近畿で唯一世界遺産がなかった大阪府で初登録である◆故真弓常忠氏が大阪の住吉大社宮司在任中、同大社と百舌鳥古墳群の関係について話を伺った。堺市から大和川を渡って北の住吉大社境内にも古墳があった。副葬品の円筒埴輪なども出土したという。全長200メートルと推定される大古墳だ◆この住吉古墳を挟んで北方には帝塚山古墳などがあり、南には百舌鳥古墳群が連なる。いずれも古代の海岸沿いで、浪速の津に入る船から見てランドマークのように聳え、連なっていただろう。住吉大社の灯火は灯台の役割を果たしていたのではないか、と真弓宮司は語っていた◆住吉大社は言うまでもなく航海守護神として信仰を集めてきた。一方、海岸古墳群の北の延長上に位置する四天王寺は茅渟の海(大阪湾)に沈む夕日に向けて修する「日想観」の聖地であった◆百舌鳥古墳群や住吉大社、四天王寺なども含めた一帯は時代の先後はあれ、海の道の文化、海に関わる信仰とつながりを持っている。世界遺産指定では巨大古墳自体の形状や被葬者などに関心が向きがちだが、視野を広くとって百舌鳥古墳群とその周辺を考えてみれば、少し異なる光景が見えてこないだろうか。(津村恵史)

動物実験といのち

7月22日

動物実験を巡る問題を論じる研究会に参加した。薬剤などを動物で試すのは虐待だという訴えと科学の進歩との調和を図る試みは多様で、最近は国際的な基準によって、微生物や細胞、知覚…

トランプ流

7月16日

韓国・板門店で6月30日に電撃的に行われた第3回米朝首脳会談は世界を驚かせた。朝鮮戦争停戦の軍事境界線を踏み越えて握手する両首脳の映像は、直前の華々しいG20大阪サミット…

100人に1人

7月9日

推計61・3万人――。40~64歳の中高年層における、引きこもりの状態にあるとされる人の数である。今年3月、内閣府が公表した。2015年度に公表された15~39歳の54・…

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献

社説7月19日

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す

社説7月17日

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来

社説7月12日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加