PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

超新星爆発

〈コラム〉風鐸2020年2月18日 11時41分

1054年7月、夜空に突然明るく輝く星が現れた。昼間も肉眼で見えたほどで、人々は凶事の前兆かとおびえた。現代天文学でいう「超新星爆発」で、星は後に「おうし座かに星雲」と名付けられた◆この現象は『新古今和歌集』選者で公家歌人の藤原定家の日記『明月記』に記録が残ることで有名だ。寛喜2(1230)年12月に「客星」出現とある。客星とは普段見慣れない星のことで、不吉に感じた定家が知人の陰陽師に問い合わせた過去の出現例に記されており、この時の正体は彗星だったらしい◆冬の星座の代表格オリオン座の1等星・ベテルギウスが間もなく爆発するのではないか、とネット上で話題になった。この半年で急速に光が弱まり、過去100年で最も暗くなったからだ。老いた巨星は自らの重力でつぶれ、「超新星爆発」を起こすという◆宇宙に漂う星間物質が集まって塊となり、核融合反応で輝き始める。恒星の誕生だ。そして膨張し、質量が太陽の8倍以上の巨星は燃え尽きた中心核が大爆発して一生を終える。永遠のように見える星々にも死があり、その瞬間を目撃できるかもしれないと思うと心が騒ぐ◆ベテルギウスはシリウス、プロキオンと「冬の大三角」を形作り、オレンジ色でよく見える。天文学者は「爆発の確率は小さい」とみているようだが、妙な期待をして星空を眺めている。(士竪俊一郎)

ハンコと御璽

6月30日

「新しい生活様式」に押し出され、日本のハンコ文化は徐々に日陰のものとなっていきそうだ。ハンコの手間で仕事が停滞することもある。一日に何回も書類にシャチハタを押していると、…

観光の危機

6月22日

新型コロナウイルスは世界経済に大きな影響を与えている。中でも観光業の打撃は深刻だ。日本は成長戦略の柱として観光立国を打ち出し、今年に4千万人の外国人訪日客を受け入れる目標…

アフターコロナ

6月16日

新型コロナウイルスの感染が広がり始めた頃、寺院の将来に対する悲観論がよく聞かれた。「お寺に人が集まれなくなって檀家が離れていく」「葬儀や法事が行われなくなる」……◆危機感…

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念

社説7月3日

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ

社説7月1日

「震災伝承ロード」 伝える熱意と工夫が重要

社説6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加