PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座2020
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

吉備真備の書

〈コラム〉風鐸2020年3月16日 14時35分

古代史の著名人・吉備真備の筆跡を伝える金石文が先頃中国で見つかった。縦横約35センチ、厚さ9センチの石に刻まれた鴻臚寺丞・李訓の墓誌で、秘書丞の褚思光が文を撰し、「日本国朝臣備書」と署名されている◆秘書丞は阿倍仲麻呂が任じられたこともある秘書監(律令制の図書頭)の下僚で、恐らく文人。「朝臣備」は時代的に、留学生活を終えて帰国直前だった吉備(当時は下道)真備とみて矛盾がない。鴻臚寺は朝貢使節の管理などを担当する役所だから、真備との交流もうなずける◆真備の人生は波乱が多く、後半生も左遷された揚げ句50半ばを過ぎて遣唐副使で再度渡唐した。当時珍しい長寿(80歳没)を保ち、正二位右大臣にまで昇った◆木簡などとは違い金石文の発掘数は少ないが、『古事記』編者の太安麻呂の墓誌など有名人の名も突然現れたりする。不思議なことに銘文残存数が20に満たない日本古代の墓誌に、吉備真備ゆかりのものが2件ある。一つは真備が母のために作った墓誌。もう一つは祖母の骨を納めた銅壺の銘だ◆同時代史料として重視される金石文は偽造説が付いて回る。国宝「漢委奴国王」金印ですら江戸時代の偽造説は無視できない。出土状況に疑問点があるのが理由の一つ。それをいえば、今回の墓誌も発掘と伝来の経緯は未詳だ。とはいえ遣唐使に関する新たなエピソードが加わるのはうれしい。(津村恵史)

ジャーナリスト魂

3月30日

なかなかできるな、とすぐ分かった。3月11日、福島県浪江町での東日本大震災犠牲者慰霊祭取材で同席した沖縄タイムス記者だ。他社が通り一遍の取材をする中で、原発事故で多くの町…

生きていること

3月24日

生きる意味を考えずに一生を過ごす人は、おそらくいない。しかし、人はいつの頃からそんなことを考えるようになるのだろうか◆ふるさとの家の裏を流れる小さな川や近くの山で、時間の…

2月22日

3月9日

2月22日は何の日か。「猫の日」を知る人は多いだろう。「忍者の日」「おでんの日」というのもある。今年は2020年、令和2年で2が多く並ぶレア感倍増?の日だった◆実は平成2…

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択

社説3月27日

“復興五輪”の下で 原発事故への怒りやまず

社説3月25日

いのちとは何か 限定不可能な無限の尊さ

社説3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加