PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

志村けんさん

〈コラム〉風鐸2020年4月20日 13時23分

コメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスで亡くなった。70歳だったが近年もよくテレビに出ていただけに驚きで言葉もない◆劇場からの生放送だった「8時だョ!全員集合」は、相当に丁寧な準備をして本番に臨んだと聞く。その後もコント番組で「アイーン」「だっふんだ」など多くのギャグを生み出したが、アドリブに見えた笑いは丹念に練り上げられたものだったという◆テレビでは相次いで追悼番組が放送された。それらは軒並み高視聴率を記録している。リアルタイムでドリフを見ていない世代には、笑いへの真摯な姿勢が良い刺激となっただろう◆志村さんが亡くなった後、テレビでは出演者が距離を置くなどして感染防止に努めている。宗教界でも行事の大半が中止や縮小となっている。一方で感染拡大を抑えるだけでなく、この機にインターネットを教化に活用する動きも出てきた。法事や法話の映像をユーチューブで配信したり、ビデオ会議システム・ズームを通じての研修会開催などが増えたりしている◆さらなる仏縁拡大のためには、日本中に笑いを届けた志村さんを見習い、念入りな準備を怠らないことだ。新たな試みを始める際にはいろいろな声が聞こえてきて、不安に駆られることもある。そんなときには、浄土から響く志村さんの「大丈夫だぁ」のギャグが背中を押してくれるだろう。(有吉英治)

ハンコと御璽

6月30日

「新しい生活様式」に押し出され、日本のハンコ文化は徐々に日陰のものとなっていきそうだ。ハンコの手間で仕事が停滞することもある。一日に何回も書類にシャチハタを押していると、…

観光の危機

6月22日

新型コロナウイルスは世界経済に大きな影響を与えている。中でも観光業の打撃は深刻だ。日本は成長戦略の柱として観光立国を打ち出し、今年に4千万人の外国人訪日客を受け入れる目標…

アフターコロナ

6月16日

新型コロナウイルスの感染が広がり始めた頃、寺院の将来に対する悲観論がよく聞かれた。「お寺に人が集まれなくなって檀家が離れていく」「葬儀や法事が行われなくなる」……◆危機感…

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念

社説7月3日

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ

社説7月1日

「震災伝承ロード」 伝える熱意と工夫が重要

社説6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加