PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

スマホ読経

〈コラム〉風鐸2020年5月7日 10時30分

新型コロナは緊急事態宣言という戦後初の事態を引き起こした。いまや感染経路が確認できない例が多数を占める。その中でグーグルやアップルはスマホを利用して濃厚接触を追跡するシステムを開発したと伝えられる。「プライバシーを守る」ことは強調されているが、全世界が中国型の監視社会に同化していくのは回避できないだろう◆宗教を取り巻く状況も変わる。最近、スマホで葬儀の読経という宗教ビジネスも現れた。ネット上のPRを見ると、疫病蔓延で対面式のコミュニケーションが忌避されることに便乗する雰囲気もある◆しばらく前、社にかかってきた電話を思い出した。ある寺の檀徒から、悪質な住職を何とかしてほしいという相談。苦情の一つがスマホを通して枕経を済ませる、というものだった。その時は「とんでもない話」と同情したのだが、これからは選択肢の一つになるのか?◆以前からネットを通じて申し込む墓参り代行サービスはあり、ネット墓地の墓参りも耳新しくはない。しかし、コロナ問題を機に人々の宗教的行動も変わった。それに応えた宗教ビジネスもさらに増加し、多様化するだろう◆新しい疫病に対する闘いは長期化するという見方は強い。感染リスク回避のために生じた社会の変化も一過性のものだけではなく、IT化の加速とともに恒常的な在り方の変容につながりそうだ。(津村恵史)

マイナスの影響

6月1日

先月20日、米ニューヨーク市場で歴史的な出来事があった。1バレル=マイナス37・63ドル。原油・石油製品取引価格の国際的な指標の一つ、米国産原油(WTI原油)の先物価格が…

カミュの問い

5月19日

細菌やウイルスとの闘いは、約20万年前にホモサピエンスが誕生した時に始まったといわれる。その歴史は天然痘やペスト、スペイン風邪、SARS、MERS、新型インフルエンザとき…

共生

4月27日

新型コロナウイルスが猛威を振るい、疫病・感染症を扱った書物が売れている。フランスの作家アルベール・カミュの代表作『ペスト』の売れ行きが急増し、今月100万部を超えたと出版…

「弱さ」を見つめる 「孤立化」克服する宗教の力

社説6月3日

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加