PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

カミュの問い

〈コラム〉風鐸2020年5月19日 15時02分

細菌やウイルスとの闘いは、約20万年前にホモサピエンスが誕生した時に始まったといわれる。その歴史は天然痘やペスト、スペイン風邪、SARS、MERS、新型インフルエンザときて、現在は新型コロナウイルスだ◆天然痘が日本で最初に流行したのは奈良時代。中国大陸との交流が発端とされ、感染は大宰府から平城京まで及んで大量の死者をもたらし、政治的・社会的な大混乱に陥った。そうした時代背景の中で聖武天皇は巨大な盧舎那仏を建立した◆ワクチンの開発で事態は終息に向かうと考えられる。しかし感染症学者は、新型コロナは人類が繰り返してきた歴史の一こまだと言っており、闘いに終わりはない。ウイルスとの緊張関係がずっと続くのであれば、私たちの生活や社会の在り方は大きく変わらざるを得ない◆フランスの作家・カミュは『ペスト』の中で、極限状況に生きる人間に神への信仰は可能かを問うている。ウイルスによって完全に自由を奪われた人間は、それでも全能の神に委ねることができるのか――◆主人公の医師は「そういう種類の神を信じているのではない。(人は)あるがままの被造世界と戦うことによって、真理への路上にあると信じているのだ」と語る。地上世界で希望を求めて闘うところに「心の平和」があるというのだ。人はその試練に、どこまで耐えられるだろうか。(形山俊彦)

マイナスの影響

6月1日

先月20日、米ニューヨーク市場で歴史的な出来事があった。1バレル=マイナス37・63ドル。原油・石油製品取引価格の国際的な指標の一つ、米国産原油(WTI原油)の先物価格が…

スマホ読経

5月7日

新型コロナは緊急事態宣言という戦後初の事態を引き起こした。いまや感染経路が確認できない例が多数を占める。その中でグーグルやアップルはスマホを利用して濃厚接触を追跡するシス…

共生

4月27日

新型コロナウイルスが猛威を振るい、疫病・感染症を扱った書物が売れている。フランスの作家アルベール・カミュの代表作『ペスト』の売れ行きが急増し、今月100万部を超えたと出版…

「弱さ」を見つめる 「孤立化」克服する宗教の力

社説6月3日

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加