PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

リモート恋愛

〈コラム〉風鐸2020年7月7日 09時13分

新型コロナウイルスの感染拡大で「新しい生活様式」が提唱されるが、ディスタンス(距離)やリモートといった言葉が繰り返されるたび、これまで私たちが大事にしてきた人と人とのコミュニケーションやマンツーマンの関係がウイルスによって根底から壊れていくことが心配になる◆リモートとは離れた状態を意味する。日常生活のあらゆる場面でリモート行動が拡大すれば、どうなるだろうか。例えば恋愛。遠距離恋愛はこれまでにもあったが、時々会えるから離れている時間を待つことができた。しかしリモート状態が長引いても恋愛は持続するのかという疑問が起きる◆ウイルスは人との接触によって感染する。接触しなければ感染を避けることができる。ところが男女の恋愛は人との出会いから始まる。出会い、触れ合うから感情が動き、相手への好意が芽生え、やがて燃え上がる。近づき接触する機会をあらかじめ抑制された状態で、恋愛は果たして成り立つだろうか。リモートのままで人はどうやって人を愛せるのか――◆この世に男女が存在する限り、恋愛感情がなくなることはないだろう。男女を取り巻く環境が大きく制限された状態で、恋愛が自然な形で育つかどうかを確かめたことはまだない◆「新しい生活様式」は「新しい恋愛の形」を生むのだろうか。リモート恋愛の可能性を私たちは観察することになる。(形山俊彦)

マスク禍

8月3日

コロナ禍が長く続き、お寺の法要でもマスク着用が普通になってきた。読経する僧侶も参列する信者も、梅雨で湿度の高い中、互いを思いやって息苦しさを我慢している。町を歩いていても…

「中枢」と「洗脳」

7月28日

米映画の典型を見た。社会の中枢を握った邪悪な者が支配のため情報操作などでひそかに市民を“洗脳”する。彼らはあるいは吸血鬼あるいはゾンビに改造され“善良な市民”を害する。「…

虎より怖い政治

7月20日

知人の大学教授の体験談。数年前、中国から日本に帰国する際、北京の空港の出国審査で別室に呼ばれた。公安と思しき係官は旅券を見ながら「あなたはたびたび我が国に来ているが、目的…

慰霊式は簡素化しても 歴史を振り返る8月に

社説8月5日

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加