PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

虎より怖い政治

〈コラム〉風鐸2020年7月20日 10時11分

知人の大学教授の体験談。数年前、中国から日本に帰国する際、北京の空港の出国審査で別室に呼ばれた。公安と思しき係官は旅券を見ながら「あなたはたびたび我が国に来ているが、目的は何か」。考古学が専門の教授は中国の文化財研究と語学研さんのため休みを利用して年に数回訪中していた◆突然の詰問に戸惑いながらも正直に答えたせいか、短時間で解放されたが、スパイ容疑で日本人の拘束が相次いだ頃だ。「どうして自分が目を付けられたのか。もう怖くて中国には行けない」。中国好きの教授の顔が苦渋でゆがんだ◆香港が揺れている。中国特別行政区として返還後50年間は「一国二制度」を保障するという国際約束は香港国家安全維持法施行でほごにされた。戦前日本の治安維持法を彷彿とさせる同法では「香港独立」の旗を所持しただけで逮捕される。言論・表現の自由は骨抜きにされた◆『礼記』の故事が浮かぶ。孔子がある国の墓前で泣く老女を見かけた。理由を聞くと、老女は父も夫も息子も虎に食い殺されたという。「なぜそんな危ない土地から逃げないのか」と問う孔子に老女は「ここは虎はいても苛政(圧政)ではないから」と答えた◆「苛政は虎よりも猛し」の由来だが、香港には大陸の苛政から逃れてきた人々が多いと聞く。自由と民主を求める若者たちが苛政から逃れる手助けができない自らが歯がゆい。(士竪俊一郎)

負けました

11月24日

子どもの頃、町の将棋教室で最初に指導されたのが、対局を始める前の「お願いします」、負けたときの「負けました」、対局後の「ありがとうございました」をきちんと言うことだった。…

瓶水を見る

11月16日

7世紀、インドの僧侶が朝起きて最初にしたことは瓶水を観察することだった。なぜこのようなことをしたのか。それは最重罪である四波羅夷を犯さないため、不殺生戒を保つためだった◆…

歌って踊って

11月9日

世界中が注目する米大統領選挙が3日(日本時間4日)、投票日を迎えた。共和党の現職ドナルド・トランプ氏(74)の再選か、民主党ジョー・バイデン前副大統領(77)の政権奪回か…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

対話の前提 キリスト教的伝統との差異

社説11月27日

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに

社説11月20日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加