PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

瓶水を見る

〈コラム〉風鐸2020年11月16日 14時57分

7世紀、インドの僧侶が朝起きて最初にしたことは瓶水を観察することだった。なぜこのようなことをしたのか。それは最重罪である四波羅夷を犯さないため、不殺生戒を保つためだった◆つまり、水中にいる微細な虫を殺さないためだったという。当時、インドを旅した中国の僧侶・義浄は『南海寄帰内法伝』の中で、殺生は十悪の初めにあり、不殺生は最も守るべき戒で、たとえ渇きから自らが死んだとしても虫のいる水を飲んではいけないとしている◆あらゆる命は輪廻でつながっており、自分と無関係な命はないとインドでは考えたようだ。仏教では古来、命を最も大切なものとし、また大乗仏教もあらゆるもののつながりを縁起として捉え、つながりの中に命の大切さを見いだしてきた◆今、新型コロナウイルスの感染拡大で世界中の人々の命が脅かされ、不安が蔓延している。日本では近年、減少傾向にあった自死者数が、特に若者や女性で急増している。自己責任論の強い日本では社会的弱者が孤立し、しわ寄せがいってしまう◆仏教は自分と無関係な命はないことを教える。それは国連が採択した「誰一人取り残さない」というSDGsの考え方とも合致する。今こそ仏教の真価が問われている。古代インドの僧侶が毎朝、瓶水を確かめたように、命を慈しみ、つながりの大切さを日々、見つめ直す必要があるだろう。(赤坂史人)

負けました

11月24日

子どもの頃、町の将棋教室で最初に指導されたのが、対局を始める前の「お願いします」、負けたときの「負けました」、対局後の「ありがとうございました」をきちんと言うことだった。…

歌って踊って

11月9日

世界中が注目する米大統領選挙が3日(日本時間4日)、投票日を迎えた。共和党の現職ドナルド・トランプ氏(74)の再選か、民主党ジョー・バイデン前副大統領(77)の政権奪回か…

住所は変わるか

11月2日

普通、住所は引っ越した時しか変わらない。進学や就職、転勤などをきっかけに転居し、住所が変わる。例外は、市町村合併による住所変更だろう。住んでいる場所は変わらないのに、ある…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

対話の前提 キリスト教的伝統との差異

社説11月27日

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに

社説11月20日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加