PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

負けました

〈コラム〉風鐸2020年11月24日 09時47分

子どもの頃、町の将棋教室で最初に指導されたのが、対局を始める前の「お願いします」、負けたときの「負けました」、対局後の「ありがとうございました」をきちんと言うことだった。特に「負けました」は、はっきり言うようしつけられ、そうすることで強くなると教えられた◆負けましたと口にするのは思う以上に難しい。自分の負けを認めにくいのはもちろん、将棋以外で言う場面がほとんどないから舌になじんでいない◆小さな声になったり、ごにょごにょと口ごもってしまったりすることもあった。将棋教室の先生は礼儀だけでなく、現実を受け入れられない弱い心を戒めてくれていたのだと今になって思う◆先日投票が行われた米大統領選で、トランプ大統領は敗北宣言をせず法廷闘争を続ける構えだという。郵便投票で不正があったと主張するが、世論の支持は広がっていないと報じられる。トランプ氏の姿勢が悪あがきと映っているのかもしれない◆自分に不利な事実と正面から向き合うことは容易でない。それだけに仏教では、「正見」を八正道の第一に掲げるのだろう。トランプ氏に仏教を説いても馬の耳に念仏かもしれないが、我々も生きていれば厳しい現実に直面する。事実を正しく見て受け入れ、潔く「負けました」と口にする勇気を持つことが、新たな希望へ踏み出す一歩になるのではなかろうか。(有吉英治)

銭湯と古書店

1月12日

「近所のクリーニング屋さん、閉店ですって。困ったわ」。買い物から帰った家人が嘆いた。聞けば、新型コロナウイルス感染の再拡大で注文が減り、回復の見通しも立たないことから1月…

美濃と薩摩

12月21日

岐阜県南西部の海津市に、治水神社がある。地図を見ると、木曽川と長良川、揖斐川の流れがぐっと最接近する辺りにあることが分かる。周囲を堤防に囲まれた、輪中地帯に立つ神社だ◆治…

わたくしという現象

12月15日

人が自己表現を欲していることに感慨を覚えた経験がある◆暮れなずむ京都を歩けば鴨川辺りは空が南北に開け、遠くに山の起伏が黒ずんで見える。三条大橋のたもとに差し掛かると打楽器…

PR

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日

緊急事態宣言再び 宗教界からのメッセージ

社説1月13日

コロナ禍の課題 宗教の価値を説くべき時

社説1月8日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加