PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

冒涜の自由

〈コラム〉風鐸2020年12月8日 09時04分

ムハンマドの風刺画を巡りフランスでまたテロ事件が起きた。テロは絶対許容されない。だが、「フランスは風刺をやめない」と表現の自由を強調し、イスラム自体を危険視するマクロン大統領の発言も反発を招いた◆宗教冒涜の自由はフランスが歴史的に確立した価値・ライシテ(世俗主義)に支えられる。国家からカトリックの教権を排除するのがライシテの出発点。聖なる価値を嘲弄することも権利として認められてきた◆聖母マリアを連想させる女性がほとんど裸で十字架にかけられている広告がパリの大通りに掲示された近年の例がある。これは裁判で撤去が命じられたが、映画など「見ない選択」もできる宗教冒涜は、規制請求却下の判決が破毀院(最高裁)で支持されている(光信一宏「フランスにおける宗教冒涜表現の規制」)。ただし、同国人口の約9%を占めるムスリム系住民を、こうした特殊なフランス的価値に従わせるのは容易ではない。対立を深める可能性が高い◆一方で、マクロン大統領の強硬な姿勢は自らの支持基盤を固める効果を持つ。自国のフランス流世俗主義を修正しようとするトルコのエルドアン大統領はマクロン発言を強く攻撃したが、政治的には同様の事情がある◆見回すと世界は対立、分断ばかりが目立ち、宗教が政治に利用されている例も多い。対岸の火事と眺めているわけにはいかないだろう。(津村恵史)

ラジオと新聞

4月5日

携帯電話の普及に伴い一般世帯での固定電話保有率が減少している。かつて街角に林立していた公衆電話を見掛けることもほとんどない。茶の間で父親が朝刊を広げる風景はすでに過去のも…

紫色の雲

3月30日

日本で最初の往生伝は10世紀後半の『日本往生極楽記』である。著者の慶滋保胤は文人官僚で大内記を務め、出家して寂心と名乗り、内記聖人などと呼ばれた◆同書に倣って『続本朝往生…

脱炭素

3月22日

「アメリカ・イズ・バック」(米国は帰ってきた)――バイデン大統領の宣言に合わせ、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」にアメリカが2月、正式復帰した。温暖化を「でっちあ…

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日

延期が適切 コロナ下のオリンピック

社説4月2日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加