PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

美濃と薩摩

〈コラム〉風鐸2020年12月21日 17時12分

岐阜県南西部の海津市に、治水神社がある。地図を見ると、木曽川と長良川、揖斐川の流れがぐっと最接近する辺りにあることが分かる。周囲を堤防に囲まれた、輪中地帯に立つ神社だ◆治水という社名が示す通り、この神社は「木曽三川」と呼ばれる3河川の治水史と深い関わりを持つ。江戸中期・宝暦年間の治水工事で命を落とした薩摩藩士を慰霊するため、昭和に入って創建されている◆宝暦年間、薩摩藩は江戸幕府の手伝普請により、木曽三川の治水工事を命じられた。美濃から遠く離れた薩摩に幕命が下ったのは、治水工事を通じて同藩の国力をそぐためでもあった。1年余りに及ぶ宝暦治水では、80人以上の藩士が犠牲になったとされる。指揮者として赴任した同藩家老の平田靱負も、工事完了からほどなくして美濃の地で亡くなっている◆宝暦治水は、後の鹿児島県と岐阜県が「姉妹県」となるきっかけになった。両県の交流は今も続く。今年春、鶴丸城の別名で知られる鹿児島城跡に復元された国内最大の城門「御楼門」は、用材の一部に岐阜県から寄贈された同県産ケヤキが使われた。返礼として先月、このケヤキの端材で作られた薩摩琵琶が岐阜県に贈られたという◆季節だけのせいかどうか、今年はいつになく寒々しい師走を過ごしている。岐阜と鹿児島の時代を超えた友好を知って、こころの芯が少し、温まった気がした。(三輪万明)

ラジオと新聞

4月5日

携帯電話の普及に伴い一般世帯での固定電話保有率が減少している。かつて街角に林立していた公衆電話を見掛けることもほとんどない。茶の間で父親が朝刊を広げる風景はすでに過去のも…

紫色の雲

3月30日

日本で最初の往生伝は10世紀後半の『日本往生極楽記』である。著者の慶滋保胤は文人官僚で大内記を務め、出家して寂心と名乗り、内記聖人などと呼ばれた◆同書に倣って『続本朝往生…

脱炭素

3月22日

「アメリカ・イズ・バック」(米国は帰ってきた)――バイデン大統領の宣言に合わせ、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」にアメリカが2月、正式復帰した。温暖化を「でっちあ…

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日

延期が適切 コロナ下のオリンピック

社説4月2日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加