PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

銭湯と古書店

〈コラム〉風鐸2021年1月12日 09時18分

「近所のクリーニング屋さん、閉店ですって。困ったわ」。買い物から帰った家人が嘆いた。聞けば、新型コロナウイルス感染の再拡大で注文が減り、回復の見通しも立たないことから1月末で店じまいするという◆テレワークが広がり、スーツやワイシャツの仕事が減る一方、ステイホームで家庭での洗濯が増えたためらしい。飲食店や観光業などコロナ禍の直撃を受けた業界の苦衷はよく耳にするが、足元の商店街にも影響が出ていることを実感する◆そう思って見渡すと、散歩圏内にあった銭湯と古書店が最近相次いで廃業したことを知った。銭湯の入り口に「長年のご愛顧に感謝し……」と張り紙があるだけで、廃業の理由は書いていない。銭湯文化が根付く京都市内でも内風呂の普及で外湯の習慣が薄れたようだ◆散歩途中に店頭のぞっき本をのぞいた古書店は知らぬ間に青いシートに覆われ、「売家」の看板が揺れていた。大谷大に近く、仏教書や哲学書、文学全集などの希少本が狭い通路を埋め、天井までうずたかく積まれていた◆奥の帳場に座る店主とは口をきいたことはなかったが、週末の銭湯で時々顔を合わせた。店を閉めた後の日課らしく、サウナと水風呂に繰り返し入る店主と目礼を交わした。業界の栄枯盛衰は世の習いとはいえ、大学の街・京都から古書店がまた一つ姿を消したのはやはり寂しい。(士竪俊一郎)

ラジオと新聞

4月5日

携帯電話の普及に伴い一般世帯での固定電話保有率が減少している。かつて街角に林立していた公衆電話を見掛けることもほとんどない。茶の間で父親が朝刊を広げる風景はすでに過去のも…

紫色の雲

3月30日

日本で最初の往生伝は10世紀後半の『日本往生極楽記』である。著者の慶滋保胤は文人官僚で大内記を務め、出家して寂心と名乗り、内記聖人などと呼ばれた◆同書に倣って『続本朝往生…

脱炭素

3月22日

「アメリカ・イズ・バック」(米国は帰ってきた)――バイデン大統領の宣言に合わせ、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」にアメリカが2月、正式復帰した。温暖化を「でっちあ…

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日

延期が適切 コロナ下のオリンピック

社説4月2日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加