PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

時を戻す

〈コラム〉風鐸2021年2月8日 11時54分

小惑星の地球衝突は有史以前に幾度も起こり、気候変動、生物種絶滅など壊滅的な打撃を与えたとする説がある。地球に接近する小惑星の話題は比較的よく耳にするところで、早期発見監視システムが構築され、大災害が起こるのを回避する方法も検討されている◆小惑星衝突の危険度を表す「トリノスケール」は知る人も多い。最大レベル10では「文明の存続が危ぶまれる」。これまでの最高は2004年に見つかった小惑星アポフィスのレベル4で、局地的大破壊の可能性が1%以上という基準に一時的に該当した◆似た名称の「リオスケール」というものがある。「検出後のポリシー」といわれる指針で、地球外知的生命体の発見がもたらす影響(マスコミ、政治、宗教など)に重点を置き、存在確認後の初期判断に役立てる◆一方、好意的でない異星人に地球が「発見」される危険の基準「サンマリノスケール」もある。地球から宇宙へ向けて情報発信するリスクを10段階で示す。大航海時代以降の西欧諸国による蛮行を思えば危惧も当然か◆人類滅亡の危機回避の指標としては米国『原子力科学者会報』の「終末時計」がよく引用される。1月27日に発表された最新の時針は滅亡まで100秒。1947年に終末をカウントし始めて最短となった昨年と同じだった。これなら「時を戻そう」が可能なはずだ。(津村恵史)

長い一年

2月22日

1月12日に90歳で亡くなった、ノンフィクション作家の半藤一利さん。太平洋戦争や昭和史に関する数多くの作品から、「昭和史の語り部」と呼ばれた。硬派なノンフィクションから洒…

新しい生活様式

2月16日

ポストコロナの具体的なイメージはいまだ明確ではない。しかし考えるヒントはある。京都・大原の自然の中で暮らす英国出身のベニシアさんの日常を追うテレビ番組を見て、感じることが…

一手一つ

2月2日

正月の箱根駅伝で創価大が往路優勝、駒澤大が総合優勝と教団関係校の活躍が報じられる中、ラグビー大学選手権で天理大(奈良県天理市)が悲願の初優勝を果たした。関西の大学が優勝す…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加