PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

新しい生活様式

〈コラム〉風鐸2021年2月16日 13時14分

ポストコロナの具体的なイメージはいまだ明確ではない。しかし考えるヒントはある。京都・大原の自然の中で暮らす英国出身のベニシアさんの日常を追うテレビ番組を見て、感じることがあった◆感染症学者の鈴木潤氏は「細菌もウイルスも人類が誕生するはるか昔から地球上に存在していた。人類が自然を破壊し文明社会の範囲を広げてきた中で未知の細菌やウイルスと接触する機会が増えてきた」と言う◆人間が自然の領域を侵したために未知の生命体、あるいは構造体(ウイルスは自己増殖できないが遺伝子を持つ構造体とされる)と遭遇したというのであれば、人類が営々と築いてきた文明社会の生活様式を根源的に変えることでウイルスとの接触を回避できるのではないか◆身の丈に合わせて自然と共生するベニシアさんの生き方にウイルスとの闘いを引き起こす原因は見当たらない。人との距離も、生活のスピードや開放感も、何もかもがゆったりとした時間の中にある。人が密集し、経済活動が渦巻き、目まぐるしく時間が刻まれる都市社会の「3密」状態が生じる条件は何もない◆そう考えていくと、生きる場所を自然の懐の中に定めた自然回帰の姿がポストコロナの生活様式として現実味を帯びてくる。しかし時間を巻き戻すことも文明を後退させることもできない。自然回帰の生活は自らの選択に委ねられている。(形山俊彦)

長い一年

2月22日

1月12日に90歳で亡くなった、ノンフィクション作家の半藤一利さん。太平洋戦争や昭和史に関する数多くの作品から、「昭和史の語り部」と呼ばれた。硬派なノンフィクションから洒…

時を戻す

2月8日

小惑星の地球衝突は有史以前に幾度も起こり、気候変動、生物種絶滅など壊滅的な打撃を与えたとする説がある。地球に接近する小惑星の話題は比較的よく耳にするところで、早期発見監視…

一手一つ

2月2日

正月の箱根駅伝で創価大が往路優勝、駒澤大が総合優勝と教団関係校の活躍が報じられる中、ラグビー大学選手権で天理大(奈良県天理市)が悲願の初優勝を果たした。関西の大学が優勝す…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加