PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

長い一年

〈コラム〉風鐸2021年2月22日 10時59分

1月12日に90歳で亡くなった、ノンフィクション作家の半藤一利さん。太平洋戦争や昭和史に関する数多くの作品から、「昭和史の語り部」と呼ばれた。硬派なノンフィクションから洒脱なエッセーまで幅広い著作を物し、ファンを魅了した◆『日本のいちばん長い日』『ノモンハンの夏』などの代表作に通じるのは、歴史という過去の人々の営みから何を学ぶかという視点だろう。検証者として歴史を洞察し、現代に問い掛け続けた作家だった◆その半藤さんなら、「日本のいちばん長い年」と呼んだかどうか。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、最初の緊急事態宣言が出されたのは昨年4月7日のこと。間もなく、1年になろうとしている◆この一年で、国内の感染者数は急増した。東京五輪・パラリンピックの延期、第2、第3波の到来、2度目の緊急事態宣言発出という変転を経験してもなお、コロナ禍の長いトンネルは、出口の見えない状況にある◆この間、手を握ることも別れを告げることもできず最愛の人と死別した多くの人がいる。働きたくても働けない人、過酷な医療の現場に立ち続ける人もいる。様々な制約と忍耐を強いられる中、人々の人生観や死生観、仕事観も大きく変わらざるを得ない。長い一年から、何を学ぶことができるだろうか。コロナ後の社会を展望するためには、学ぶ姿勢が重要になる。(三輪万明)

みんなのうた60年

5月6日

「山口さんちのツトム君」「おしりかじり虫」など、多くのヒット曲を生み出してきたNHK「みんなのうた」が放送開始から60年だという。世代によってそれぞれ思い出の歌があるだろ…

ゴルフと煩悩

4月27日

カップのサイズは直径108㍉と決まっている。古い歴史があるゴルフのことだが、直径は120年以上も変わらない。初めは水道管のパイプを切って使い、それがちょうど良かったのだと…

花見文化を世界に

4月19日

今年の桜前線は例年より速足で日本列島を北上し、京都市内のソメイヨシノは1週間ほど早く3月末に満開となった。桜が見頃と聞くと落ち着かなくなる性分だが、昨年に続き今年も新型コ…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加