PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

コロナと道徳

〈コラム〉風鐸2021年3月8日 09時21分

近くの町医者は「年末年始に発熱で来る患者の多くが陽性だった」と困り顔だったが、新型コロナウイルス感染対策の切り札ともされるワクチンの接種がようやく始まった◆ワクチン接種が広まれば「以前のような生活に戻ることができる」と期待に沸く。ただし戻してはいけないものがあるのではないか。「新しい生活様式」で広まった手洗いやマスク着用などは自他の命を守る大切な習慣だ。小学校等で毎年、大流行するインフルエンザが流行せず、昨年1年間の死者数が減少したことにもその成果が表れる◆「パンデミックで世界のモラル(道徳)が進歩した」と語るのは、ドイツの哲学者マルクス・ガブリエル氏だ。コロナ禍でマナーやルールを再認識し、他人を思いやる人が増えた。米国で再燃した人種差別に抗議するブラック・ライブズ・マター(BLM)なども道徳の進展が背景にあるとみる◆森喜朗・東京五輪パラリンピック組織委員会会長が女性を蔑視する発言で辞任した。10年前であれば辞任しただろうか。この顛末もこうした潮流と無関係とは思えない◆手洗いやマスク着用だけでなく、環境問題やジェンダー平等への取り組みなど、これらは仏教界がコロナ前から携わろうとしてきたSDGsにも関わる問題だ。アフターコロナの世界は進展した道徳に基づき、より誰もが生きやすい社会の実現を目指さなくてはならない。(赤坂史人)

我慢は禁物

6月8日

葷酒山門に入るを許さず。禅宗のお寺の門前でしばしば、「不許葷酒入山門」と書かれた石標を見掛ける。「葷」はネギやニラ、ニンニクなど香りの強い野菜のこと。これらと酒は、修行を…

現代人の脆弱性

5月31日

自然環境に適応して生存してきた人間は、見えない形で環境の変化による様々な影響を心と体に受けてきたと考えられる◆インターネットの普及や間接的なコミュニケーション、スキンシッ…

哲学者の神

5月24日

哲学者スピノザは「神に対する知的愛」を人間の至福の状態と考えた。ここに宗教的な深みを見る人は「神に酔える人」というスピノザ像に共感するだろう◆一方で、ユダヤ・キリスト教の…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加