PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

銀行ATM

〈コラム〉風鐸2021年3月15日 09時14分

みずほ銀行のATM(現金自動預払機)が利用できなくなる事態が2月末に起きた。システム障害で全国の80%のATMにトラブルが発生。預金通帳やキャッシュカードを取り出せず、2時間以上待たされた人もいたという◆人間の作ったシステムだからミスがあるのは仕方がない。しかし同行の問題は事故後の人的対応にあったのではないか◆昔からクレーム対応は企業の将来を左右するといわれる。客からの苦情は企業の課題を指摘してくれているのであり、その場しのぎの対応でごまかすか、真摯に解決に向き合うかで、その後の業績が大きく変わってくるということだ◆みずほATMは2002年のシステム統合時と11年の東日本大震災直後の2度、大規模なシステム障害を起こしている。金融庁から業務改善命令を受けていながら3度目の障害が発生した。過去にシステムの見直しを行ったというが、果たしてどの程度真剣に立ち向かったのか。またシステムだけでなく、人的対応の向上にも目は向けられていたのだろうか◆戦国武将・武田信玄は「人は城、人は石垣、人は堀」の言葉を残し、経営の神様と称される松下幸之助は「事業は人なり」と言った。強い組織に優秀な人材は欠かせない。人は一朝一夕に育つものではないだけに、今回の事態を他山の石として、人を大切にするよう努めていきたいと思う。(有吉英治)

抵抗を示す指

7月19日

内なる意思を表す方法は言葉だけではない。全身を使った表現もあれば顔の表情や声音で心の動きを伝えることもできる。時には小さなしぐさが国家への抵抗の印となる◆タイやミャンマー…

罪悪感

7月12日

テレビなどで耳にするたびに違和感を持つ言葉がある。若い女性が語る「罪悪感」がそれだ。文字面は倫理的だが、語り方は軽い。お菓子などカロリーの高い物を食べる時、太る恐怖と食欲…

東西本願寺の違い

7月5日

浄土真宗の教えに、罪悪深重の凡夫たる自覚という「機の深信」と、衆生救済の阿弥陀仏の本願という「法の深信」からなる「二種深信」という考え方があり、大谷派は機の深信、本願寺派…

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日

多様化する葬祭 問うべきは宗学上の意味

社説7月16日

道心堅固の教え 現代の修行の亀鑑

社説7月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加