PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

ラジオと新聞

〈コラム〉風鐸2021年4月5日 09時18分

携帯電話の普及に伴い一般世帯での固定電話保有率が減少している。かつて街角に林立していた公衆電話を見掛けることもほとんどない。茶の間で父親が朝刊を広げる風景はすでに過去のものとなり、スマートフォンを持つ若者のテレビ離れも加速している◆戦後、テレビは東京五輪の熱波に乗って全国津々浦々に行き渡り、全盛期を謳歌してきた。一方、存在感を失うかに見えたラジオは、その後安定した聴取率を獲得し、働く人たちを中心に今も根強い支持基盤を維持している◆テレビは目と耳で視聴し、新聞は目と手を使って読む。ラジオは耳だけで、空気やにおいを感じるように情報を得ることができる。災害時に頼みとなるのもラジオである。テレビや新聞にない特性が時代の荒波を生き抜く最大の強みとなったのだろう◆新聞の特性は二次元ペーパー上に集約された情報を目で読むところにあり、一過性ではないから内容を再確認できる。しかしテレビやラジオのように情報を電波に乗せ、時空を超えて読者に届けることはできない。紙面を運ぶ流通手段をアナログシステムに依存している。ネット配信の必要性がそこにある◆次の時代を新聞が生き延びるためには、テレビにもラジオにもない紙媒体という特性を武器として生かせるかどうかにかかっている。その際問われるのは事実を掘り下げ、問題の核心に迫る取材力だろう。(形山俊彦)

重い荷物

4月12日

春の季語でもあるランドセルは、確かに今頃の季節がよく似合う。真新しいランドセルを背負った小学生を目にすると、見ている方も初々しい気持ちになる。想像するところ、ランドセルの…

紫色の雲

3月30日

日本で最初の往生伝は10世紀後半の『日本往生極楽記』である。著者の慶滋保胤は文人官僚で大内記を務め、出家して寂心と名乗り、内記聖人などと呼ばれた◆同書に倣って『続本朝往生…

脱炭素

3月22日

「アメリカ・イズ・バック」(米国は帰ってきた)――バイデン大統領の宣言に合わせ、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」にアメリカが2月、正式復帰した。温暖化を「でっちあ…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加